海外FX(会社)の安全性は?

ハイレバレッジをかけた取引や透明性の高いNDD取引ができることから、人気を集めているのが海外FXです。国内にもFX会社はたくさんありますが、それでも海外FXで口座を開設して取引するのは、国内FXにはない魅力があることが理由になります。一方、海外FXの安全性に対して不安に思うトレーダーも少なくありません。今回は、海外FX会社の安全性について解説していきます。

海外FX会社の信頼性

海外FX会社の信頼性

海外FX会社は世界中に多くあり、取引のルールや規制は拠点がある国のルールに基づきます。しかし、レバレッジの規制に関しては国内特有のルールであり、日本のように厳しいレバレッジ制限を設けているところはありません。日本にいると国内のルールがスタンダードになりますが、海外に目を向けると国内の特有のルールが異質に思えてきます。

国内FX会社や管轄している金融庁は、海外FXを利用されることを嫌います。そのため、ネガティブキャンペーンをしてハイレバレッジに対するリスクの高さを強調しているのです。他にも出金トラブルが多いなどの噂も多く、国内で入ってくる海外FX会社の情報は悪い噂が大半です。

しかし、海外FX会社で口座を開設して儲けているトレーダーもいます。国内から見ると情報が少なくて危険性が高いように感じますが、トレーダーが取引しやすい環境を整えて、投資のサポートをしている信頼性が高くて優良な海外FX会社もたくさんあります。海外FX会社の安全性の方が高いこともあります。

一方で、数ある海外FX会社の中には、詐欺目的で運用しているような海外FX会社があるのも事実です。こうした一部の悪質な海外FX会社が、海外FX全体に悪いイメージを与える要因にもなっています。トレーダーは正しい目を持って、信頼できる海外FX会社かどうかを見極める必要もあります。

海外FX会社の安全性を見極める5つのポイント

海外FX会社の安全性を見極める5つのポイント

①会社の運用歴

海外FX会社として、長い間運用しているところは安全性が高いところです。悪質な海外FX会社は、悪評が世間に広がる前に倒産して、新しいFX会社を設立して詐欺を働く行為を繰り返しています。1年未満の運用期間だと、信頼性はゼロに等しく、3年未満の運用期間でも信頼性は十分とは言えません。

運用歴が4年以上あると、一定の信頼性があると言えます。10年以上の運用歴があるFX会社は安全性が格段と上がります。このように、設立してからどれくらいの期間が経過しているかによって信頼性を測ることができます。運営期間が長くて悪評が少ないところほどおすすめです。

②ゼロカットシステムの有無

海外FX会社は高いレバレッジをかけて運用するのが基本的な取引スタイルです。レバレッジが高いので、急な値動きが発生したときはロスカットが間に合わず、口座の資金が0円を大幅に下回って約定することがあります。このとき発生した損失分は追証という形で、トレーダーが負担をしなければなりません。ちなみに、国内FXは追証有りが基本ルールです。

海外FX会社の中には、口座の資金が0円を下回った損失分については請求しないゼロカットシステムを導入しているところもあります。ゼロカットシステムによって生じた損失は、海外FX会社が負担します。トレーダーに継続して投資してもらうことが目的で、ゼロカットシステムがある海外FX会社は信頼性が高いと言えます。

通常のトレードだとロスカットが間に合わないことはほとんどありません。しかし、リーマンショックやスイスフランショックのように数年に一度は想像を超えるような値動きが起こっており、その度に追証によって多額の借金を抱えるトレーダーがいます。

③SCAM認定の有無

海外FX会社の信頼性は、インターネットを使ってある程度の情報を収集することができます。そこで活用したいのが、世界のFX業者の口コミが集約されているForexPeaceArmyです。ここで海外FX会社の名前を入力すると、詐欺会社であることを示すSCAM認定の有無を調べることができます。利用を考えている海外FX会社の情報は必ず調べておきましょう。

④日本語サポートの有無

日本語サポートの充実性も、海外FX会社の安全性に関わる要素の一つです。日本語サポートが充実している海外FX会社は、現地で日本人スタッフを雇っています。サポート体制を作るだけでもコストがかかるので、詐欺が目的ならコストをわざわざ多くかけることはしません。

電話、チャット、ウェブページ、メールのすべてにおいて日本語対応しているのがポイントです。日本語対応していても、意味が通じないカタコトな日本語ばかりで対応しているところは、翻訳ツールを使っているだけなのでFX会社の安全性は低下します。

⑤ライセンスの有無

国内で運営しているFX会社は、日本の金融庁のライセンスを保有しています。同じように、海外FX会社も拠点がある国のライセンスを保有しているところもあります。ライセンスを取得するためには、厳しい条件をクリアしなければならないので、ラインセスがあれば一定の安全性は担保されます。

ただし、取得が厳しいライセンスは日本人トレーダーの口座開設を認めておらず、日本人トレーダーが取引することはできません。条件が緩いライセンスを取り直して、日本人にプロモーションをかける海外FX会社もあります。「ライセンスの保有=安全性が高い」とは限りません。ライセンスは一つの目安として見ましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ