FX初心者のための「円高と円安」

円安や円高という言葉は、FXを利用した事がない人でも、聞いたことはあるでしょう。ニュースでも使われる言葉なので、ニュースを見ていると耳に入ります。円安や円高は、為替レートが変動すると、その結果によってどちらかになります。単純に言葉で言うと、他の通貨に対して円の価値が下がるか上がるかということです。しかし円安や円高は、言葉から受けるイメージとは逆の意味になるので、間違えないように覚えましょう。

円安・円高とは?

円安・円高とは?

ドル円が1ドル100円だった時に、それが90円や80円に下がっていくと、円高と言います。レートは下がって値が下がっているのに、円高と言うので、少しややこしいかもしれません。しかし、1ドルと交換できる円の金額が下がり、それだけ少ない円で交換が出来るようになりました。そのために、円の価値が上がったので、円高と言うのです。

1ドル100円が、1ドル90円になると、今まで100円出さないと1ドルの商品が買えませんでしたが、それが90円で買えるようになります。つまり少ない円で購入が可能となり、それだけ円の価値が高まったので、円高と言います。

1ドル100円が90円になると円高と言います。逆に1ドル100円が110円などとなると、これは円安と言います。今まで1ドル100円で購入できる商品が、110円とよけいに多くの円を出さないと購入できなくなり、それだけ円の価値が下がり安くなったので、円安と言います。

・1ドル100円から90円なると、同じ円でも多くのドルに交換できるので、円安です。
・1ドル100円から110円になると、同じ円でも少ないドルにしか交換できないので、円高です。

前のレートよりも、円が多く交換できるか(高くなる)、または少ない円しか交換できないか(安くなる)という風に考えるとわかりやすいです。

円安や円高は、円を中心に、対応する通貨に対して、価値が高くなったか安くなったかで考えた言葉なのです。多くの場合は、ドルと円の通貨ペアに対して使われる言葉ですが、ポンドなどの他の通貨でも使います。円高ドル安や、円安ポンド高などのように使います。どちらかの通貨が安であり、もう一方の通貨が高となるので、円高ドル高などの言葉は普通は使いません。

円安や円高に及ぼす影響

為替レートが、円安や円高になるのは、その両国の政策金利や、金融政策、さらには国の経済状態や世界情勢があります。金利で考えれば、単純に金利の低い通貨よりも、高い通貨の方が買われることが多いです。二国間の新規発行の通貨量の差も、為替レートに影響を与えます。通貨発行量が多いと言うことは、通貨の価値が薄まるので、通貨安になりやすく、インフレにもなりやすいです。世界情勢を見ると、有事のドル買いという言葉があり、戦争や国の危機などが起こると、投資家などは一番安全と言われているドルを買う動きがあり、円安を進行させます。

このような事柄は、円安や円高を考える1つの予想のためのポイントとはなります。しかし最近は、世界情勢や国の状況も変わってきており、通貨を大量に供給してもインフレにならない、有事のドル買いにならない、ということもあります。例えば、日銀が規制緩和を行なっても、一時的に円安となり、すぐにまた値が戻ったということもあり、前よりも円安や円高の予想は難しくなっています。

円高は急激に進行する

円高は急激に進行する

円安や円高は、国の経済状況などによって引き起こりますが、その中でも円高は急激に進行するという特徴があります。サブプライムショックやリーマンショックなどの時には、ドルに対し円は一気に円高となり、サブプライムショックでは、123円台から110円まで、リーマンショックでは106円台から90円まで下落しました。

その直前までは円安になっていたので、このような相場の時に一気に資産を減らした人もいます。円高が急激に進行する時は、買いポジションを持つと損失が膨らみ、売りポジションを持つと利益が出てきます。

日本人はかけ離れたものはいずれ元に戻ると考え、FXでも逆張りする人が多いので、急激な円高相場は、利益を出しやすいかもしれません。

アベノミクス

2013年まで円高相場が続いており、それを円安に導こうとしているのが安倍政権であり、いわゆるアベノミクスと言われる政策です。総額20兆円分の公共事業を行なう、インフレターゲットを2%にする、そして成長戦略がアベノミクスの3つの柱と言われます。実際に政策通りに円安になっており、1ドル80円ぐらいだった相場が、1ドル100円を超えるようなりました。

円安相場でのFXでのトレードの考え方は、基本は円安になりドル円の上昇トレンドが続くということで、長期保有のスイングトレードが1つの考えです。実際に80円から100円のときまで買いポジションで保有すれば、2,000pips分の利益を獲得できました。また買いポジションでトレードするので、豪ドルやニュージーランドドルなど、買いで高いプラスのスワップが付与される通貨を狙っても良いかもしれません。

ただこの上昇トレンドがいつまで続くかは、誰にもわかりません。すでに1ドル124円を突破した後に、115円、110円と下げているので、すでにトレンドは終わったと見る人もいます。しかし日本の借金を減らすために政府がインフレを誘導するだろうと考えると、円安高が続くと見ることもできます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ