FX初心者のための「トレンドの把握」

FX初心者のための「トレンドの把握」

FXの相場では、値が上がっていく上昇トレンド、値が下がっていく下降トレンド、そして値が上下に乱降下するレンジ相場があります。為替レートは常に上下しながら動いてはいきますが、トレンドを把握しないと利益を上げるのは難しくなります。上昇トレンドの中で売りでポジションを持てば含み損が増えるように、利益を上げるにはトレンドの把握は避けては通れない道です。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

テクニカル指標

テクニカル指標

トレンドを把握するためにはどうすればいいでしょうか?それはチャートを眺めても把握することは出来ません。また値が上がっているので、上昇トレンドだと、根拠無しに予想しても、それは把握できているとは言えないです。そこで根拠を元にトレンドを把握する方法として、テクニカル指標があります。

テクニカル指標の代表的なものに、移動平均線、MACD、ボリンジャーバンド、RSIなどがあります。

移動平均線

為替レートの一定期間の平均値を線で結んでグラフにしたものです。英語ではMAと言われており、例えば5MAとすると過去5日間のレートの平均です。移動平均線は何日でも良く、5日でも200日でも、14週などでも良いです。短い期間だと短期のトレンドを、期間を長くすると長期のトレンドを把握できます。一般的には短期・中期・長期と3つの移動平均線を使います。

移動平均線の見方としては、短中長期の3つ使う場合は、それぞれのラインが交わってレンジ相場を形成している中で、短期のラインが上に抜け始めたならば、上昇トレンドに変わっていく段階だと読めるのです。ちなみに短期のラインが下から上に抜けることを、ゴールデンクロスと呼び、買いのサインになります。

MACD

これはマックスディーと読み、順張りにも逆張りにも使えるテクニカル指標です。MACDライン、シグナルライン、そしてヒストグラムバーで構成されます。ヒストグラムは上下にバーとして伸びローソク足のような感じであり、上と下に伸びる境目がゼロラインです。

ヒストグラムが上に伸びると上昇が強い、下に伸びると下降が強く、それぞれ買いと売りが強い状態を示します。上からでも下からでもゼロラインを越えて反転するときは、買いまたは売りのポイントの目安と出来ます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線のミドルラインを元に指標として使います。通常は20日の移動平均線が使われます。

そして3つのラインで価格の変動を表わします。真ん中にミドルラインを引いて、その上下にそれぞれ3本のラインが引かれます。ミドルラインから一番近いラインの順に、1σ・2σ・3σラインと呼ばれます。

統計学でラインに値動きが収まる確率は、

1σ : 68.3%
2σ : 95.5%
3σ : 97.7%
となっており、2σや3σに値が動くと買われすぎまたは売られすぎということになります。つまりは買われすぎや売られすぎを見て、買いや売りのエントリーポイントを探していくのです。

RSI

相対力指数とも呼ばれるこの指標は、買われすぎまたは売られすぎのサインを示します。0から100までの数字で表わされ70を越えると買われすぎ、30を下回ると売られすぎになります。100-(100/(1+RS)) という式で求めることができ、RSには9や14が入ります。ただ難しい計算式を解かなくても、チャートには自動的に表示されます。

ただ買われすぎまたは売られすぎのサインが出ても、そのまま相場が反転しないことも多いです。しかしそれ以外にも逆行現象というダイバージェンスを使ったトレンド予想にも使えます。

たとえば、上昇トレンドを形成している時に、RSIの値が80や70で、どんどん数値が低くなっているときは、トレンドの勢いが衰え反転する可能性が高くなっている事を示します。つまりはトレンドの転換を探すのに役立ちます。

代表的なテクニカル指標をご紹介しましたが、必ずしも全てのテクニカル指標を使わなければいけないとは限りません。自分の使いやすいテクニカル指標を探し、1つでも良く、または自分のトレード戦略に合った指標をいくつか組み合わせて使っても構いません。

トレンドラインを引く

テクニカル指標の使い方に慣れていない初心者の方は、トレンドラインを引いてチャートを視覚的に見やすくすると、トレンドの予想が立てやすいです。トレンドラインは、チャートの高値または安値同士を繋げてラインとして引きます。

下降トレンドで高値同士をラインとして引けば、そのラインを越えて値が高くつけば、下降トレンドの反転の転換期だとわかります。逆に上昇トレンドで安値同士をラインで引けば、同じように転換期を探せます。

また、下降トレンドで高値同士をラインとして引くと、そのラインの高値の時が逆張りのポイントにもなります。

テクニカル指標を使うよりも、トレンドラインは、視覚的に上昇トレンドか下降トレンドか見やすくして、トレンドの転換期、そして売買ポイントを見つけやすくするので、初心者におすすめです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ