短期売買と長期投資、どっちがいいの?

海外FXには、トレードの時間軸の違いから大きく分けて短期売買と長期投資があります。短期売買は為替差益を狙った取引、長期投資はスワップポイントも含めた為替差益を狙うのが特徴です。今回は、海外FXをするにあたり、短期売買と長期投資のメリットやデメリットも合わせて、どちらがいいのか解説していきます。

短期売買のメリット

短期売買のメリット

海外FXはレバレッジの上限が25倍に設定されている国内FXと違い、100倍や1000倍を超えるレバレッジをかけてトレードできます。さらに、秒・分単位で取引をして為替差益を積み上げていくスキャルピングにも対応しています。一日に数百回を超える取引をするトレーダーも少なくありません。

短期売買は目先の取引になるので世界経済の動向を詳細に知らなくても問題ありません。トレンドに合わせた取引をする必要がなく、レンジ相場でも取引回数を増やしてレバレッジを上げれば、利益を効率よく積み上げることができます。短期売買は、ハイレバレッジ×スキャルピングとの相性がいいのも魅力です。

また、短期売買のメリットとして、ロスカットのリスクが小さいこともあります。ロスカットは預けている証拠金が含み益や含み損もあわせて一定額を下回ったときに取引が強制終了する仕組みです。短期売買はポジションを長期保有することがないので、急激な為替変動にともなうロスカットのリスクも小さくなります。

短期売買のデメリット

短期売買のデメリットは取引コストが大きくなることです。海外FXも国内FXと同じで、取引に必要なコストはスプレッドになります。スプレッドは買値と売値の差分で、取引ごとに発生します。取引回数が増えるほど、支払うスプレッドも多くなるわけです。取引回数が多くなるスキャルピングの短期売買だと、取引コストが無視できません。

また、スキャルピングで短期売買するときは損切りが前提になります。ポジションを長く持たないのが基本ルールなので、損失を含んでいても時間やあらかじめ決めていたレートに達したら決済させなければなりません。損切りは損失を確定させる行為なので、できれば避けたいことです。しかし、損切りをせずにポジションを持ったままでいると、含み損が膨らんで最終的にロスカットに至ることもあります。

短期売買は簡単なようで、実際に利益を出すためには経験則が必要です。FXは勝つか負けるかで、単純な勝率は50%です。しかし、実際はスプレッドもかかってくるので、勝率は50%を下回ります。勝率を50%以上にするためには、闇雲な取引ではなく、相場を読んで取引する必要があります。そのためにも、経験を積んで負けパターンや勝ちパターンを知ることが大事です。

長期取引のメリット

長期取引のメリット

FXの長期取引は、ポジションを数日から数カ月保有して為替差益やスワップポイントの利益を得る手法です。FXではスイングトレードとも言われますが、一つのポジションを長く持つのでスプレッドが小さいメリットがあります。スプレッドは一回ごとの取引に発生するので、数週間、数カ月ポジションを保有してもスプレッドの支払いは一回のみです。

スワップポイントの利益は、毎日一定の金額が安定して入ってくるのもメリットです。ポジションを約定しない限り、永久的に利益を増やすことができます。レバレッジをかけて取引量を増やせば、スワップポイントも増やすことができます。為替差益で利益が出れば、スワップポイントと合わせて二重の利益です。

長期取引はポジションを持つと、後はそのままにしておくので取引画面に張りつく必要がありません。急激に為替変動が起こったときも、逆指値で注文しておくと対応できます。日中仕事をしている人や、スキャルピングする時間が取れない人にも長期取引はおすすめです。

長期取引のデメリット

長期取引のデメリットは、トレンドを読む必要があることです。スワップ狙いで注文を入れても、トレンドが注文とは逆のベクトルだとスワップの利益以上に為替差損が膨らみ、最終的にロスカットに至る可能性があります。ロスカットが発生すると、取引はそこで強制終了です。トレンドを読んで、為替差損が膨らまないように運用しなければなりません。

また、スワップポイントの利益は為替差益に比べるとかなり小さくなっています。利益が大きくなるまでには時間がかかるため、短期売買に比べると利益効率は下がります。スワップポイントの利益が大きくなっても、為替差損が出ていると含み益は少なくなってしまいます。

長期取引は決済させるタイミングを見失いがちです。一日ごとにスワップポイントの利益が発生するので、利益が出てくるとポジションを失いたくなくなります。○○円以上の利益が発生したら約定させるなど、あらかじめルールを作って運用することが大事です。

海外FXは短期売買を中心に、状況に応じて長期投資をすると良い

海外FXはスキャルピング×ハイレバレッジの短期売買に目が向きがちですが、長期投資でも運用次第では利益を出すことができます。FXで長期的に利益を出していくためには、柔軟な姿勢でトレードすることが大事です。どちらかの手法に限定するのではなく、基本的に短期売買を行い、ポジションを保有してスワップポイントと為替差益のダブル利益が狙えると判断したときは長期投資に移行するなど、状況に応じてトレードスタイルを変化させるとよいでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ