FX初心者のための「大口の買い大口の売り注文について」

相場が一気に一方向に動く時として、雇用統計などの国や世界に影響のある情報が流れたとき、リーマンショックやチャイナショックなど、金融市場に大きな影響を与える出来事が起きたときがあります。しかしそのようなことがなくても、相場が大きく動くことがあり、それが大口の買い注文や売り注文です。

大口の注文とはどれぐらいか?

大口の注文とはどれぐらいか?

個人投資家や機関投資家の大口の注文というと、一度に大量に売買注文を行なうことを言います。それではどれぐらいの量を1度に売買すると大口と呼ばれるかと言えば、1度に50万通貨を超える場合、大口注文と呼ばれることが多いです。例えばドル円が、1ドル100円であれば、50万通貨分というと、5,000万円分の取引となります。

実際大口の取引というと、ファンドなどが行なうようなイメージも多いですが、個人投資家でも大口取引をすることは多く、1億円や5億円程度の取引は、個人投資家でも行なう人はいます。具体的名前は控えますが、大きく取引して、資産を数億円単位で増やすような有名な個人投資家もいます。

最近では昔と違い、FX業者も一度に発注できる枚数を増やしており、発注上限を上げています。1度に500万通貨や1,000万通貨まで発注できるような業者も多く、個人投資家の大口注文にも対応しています。

そして、大口取引する投資家は、FX業者にとっては、一番の優良顧客となり、喉から手が出るほど欲しい存在です。100人がそれぞれ100万円分取引するよりも、1人が1億円分取引してくれた方が大きな利益を業者にもたらすからです。さらには大口取引する投資家は、ほぼ負けなしでトレードする勝ち組であり、相場から退場することはほとんどないので、一度FX業者に顧客となり、その業者でトレードしてくれれば、長い間業者に利益をもたらすからです。

そんなFX業者に多額の利益を長い間与えてくれる大口取引をする投資家は、業者としては、何とかつなぎ止めようと優遇することもあります。よくあるのが、VIP待遇口座を専用に作ってあげることです。そのような口座はスプレッドを数pips割引するなどしており、より投資家が使いやすいよう、そして投資家にもメリットがあるようにしているのです。ちなみにそのような口座は、FX業者で呼び名は違いますが、プレミアム口座やC-NEXなどと呼ばれており、新規取引で10万から20万通貨、そして決済で1万通貨単位で取引すると、開設できることもあります。

大口の注文が通ると、相場が大きく動く

大口の注文は、何十万通貨という量を一度に売買するので、その注文が通ると、時には相場が大きく動くこともあります。トレンドが発生していたのが反転するようになる、レンジ相場から抜けてトレンドを形成する、または大きく反転して動くなどのことがあります。これは小口でトレードしている人にとっては、時には大きな利益をもたらし、または一気に損失を膨らましロスカットになることもあります。

特に雇用統計など大きなニュースもないのに、大口の買いや売りが入り、相場が動いたときは注意が必要です。それは一気に相場が動いて突き抜けることにより、大口の投資家以外も巻き込んでいきます。一気に値が上がったからまだ上がるだろうと買いが買いを呼んで相場が過熱するようなこともあり、初心者はこの状況の読みを間違えると、高値を掴まされることになります。下落するような場合も同じ事です。

流動性の高い通貨ペアだと、少しぐらいの大口の投資家の売買があっても、相場はあまり動きませんが、流動性の低い通貨ペアほど、小口売買でも相場が動くことがあり、相場を動かすニュースがないのに、一気に乱降下することもあります。FXの初心者であれば、このような流動性の低い通貨での、急激な動きに釣られて、損失を拡大させることもあります。

希望枚数を買えない場合

希望枚数を買えない場合

大口のトレーダーは、一度に100万通貨や1000万通貨と取引することもあります。しかしFXでは需要と供給があり、無制限に売り買いができるわけではありません。

板情報を見ると、例えばドル円で売値101.190円、買値101.191円という値がついているときに、101.190円というレートでは600万通貨売ることができ、101.191円では580万通貨買うことができるなどと、供給量が決まっています。

このときに1ドル101.191円で1000万通貨分買いたいとなっても、流通量はそれだけないので、全部買っても1000万通貨を満たしません。そこで大口のトレーダーとしては、1日100万通貨や200万通貨と少しずつ買っていき、必要量を確保することもあります。

このように少しずつ分けて売買していくのは、市場でのインパクトを少なくできるというメリットもあります。一度に大量に一気に売買すると、相場が動き、他の投資家の売買も呼び込み市場が加熱する危険もあります。そのようなことを防ぐためにも、マーケットに対するインパクトを計算して、一度の売買量を決めることもあります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ