海外FXが怖いって思われている理由

海外FXが怖いって思われている理由

FXの初心者、経験者に関係なく、海外FXが怖いと考えている人は少なくありません。その理由は、海外FXならではの様々な特徴やデメリットがあるからです。ここではその特徴とデメリットを具体的に紹介していきますので、これから初めて海外FXに挑戦しようと思ってる人は、参考になさってください。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

海外FX会社を通じた詐欺被害が発生している

海外FX会社を通じた詐欺被害が発生している

海外FXが怖いと思われている理由の一つは、世界中で少なからず海外FXによる投資詐欺が起こっていることです。これは実際にニュースとなって報道されたものもありますし、個人で詐欺被害を体験して、それをブログや口コミなどで紹介しているものもあります。具体的な内容としては、出金拒否や元本保証をしないといったものですが、こうした詐欺被害は海外FXに投資することを躊躇させる要因となっています。もちろん海外FXの中にも健全な運営を行っている会社はたくさんありますし、むしろ大多数の会社がまともだといっていいでしょう。初めて海外FXをする人は、一部に詐欺をするような業者があることさえ知っておけば大丈夫です。また、詐欺自体は国内FXも無縁ではなく、注意が必要な点でどちらも同じといえるでしょう。

国内のほうが安全だという先入観がある

FXに限らず他のビジネスや投資でもそうですが、基本的に昔から、国内は安全で海外は危険だという先入観が存在します。とりわけ食品業界ではその傾向が強いようで、国産なら口にできるけど外国産は注意したほうがいいと考える人は少なくありません。そしてこのイメージがFXにも波及しており、国内FXは安心できるが海外FXは怖いと考える人は多いです。実態は玉石混交で、海外FX会社の全てが危険なわけではありませんが、国内のほうが安全だという先入観があるため、相対的に海外FXは怖いと考える投資家がいるのは事実でしょう。そして、先述のように海外のFX業者を通じて口座凍結や出金拒否などの被害を受けたという事例があるのも事実で、こうした実際に起きた事件によって国内の安全神話が加速している面もあります。ただし、先入観を捨ててしまえば、海外FXにはメリットが多くて魅力的な投資であることが分かります。

カスタマーサービスが充実していない

  海外FX会社のサービス面から見ていくと、カスタマーサービスが充実していないという点は大きいようです。カスタマーサービスとは、顧客に必要な情報提供を行ったり問い合わせに対応するサービスのことですが、海外FXにはこのカスタマーサービスが行っていないケースがあり、そのことが国内の投資家に二の足を踏ませる要因の一つになっています。また、仮にサポートシステムがあったとしても日本語対応していないことが多々あり、有力な情報を日本語に訳して理解することができず困る、といったこともあります。いずれせよ、カスタマーサービスが充実していないことは、海外FXが怖いと思われている理由の一つに挙げられます。一方、海外FXにはカスタマーサービスの脆弱さを埋めて余りあるメリットがあり、それを考えるとこの問題はさほど気にならなくなります。

信託保全が完備されていないFX会社がある

信託保全が完備されていないFX会社がある

国内FXではいわゆる信託保全を行うのが一般的ですが、海外FXではこれが一般的でないばかりか、そもそも義務化されていません。

そしてこのことも、海外FXが怖いと思われる要因となっています。信託保全とは、FX会社が仮に倒産しても、投資家の資金は法的に保護されかつ返還されるというものですが、国内ではこれが当たり前でも、海外FXでは完備されていないことが多いのです。そのため、海外FX会社を利用する場合は、常にFX会社の倒産リスクを考えておかなければなりません。しかし、最初から信託保全を行っている業者を選んで取引を行えば問題ないですし、海外FXには信託保全の有無など問題にならないほどの利点が多いのも事実です。初心者はむしろそうした利点に目を向けるべきでしょう。

海外FXは累進課税方式だから税金の支払いが厳しい

海外FXを利用するデメリットとしては、累進課税方式である点も挙げられるでしょう。日本では利益の額に関係なく税率は一律20%が課されますが、海外FXの場合は一律ではなく累進課税方式で、利益を出せば出すほど税率が上がる仕組みになっています。従って、海外FXでは儲ければ儲けるほど税金の支払いが過酷になり、そのことを嫌って海外FXを諦める投資家がいるのは事実です。これは海外FXが怖いというより税金が怖いというケースですが、間接的に海外FXに悪いイメージを抱かせているのは確かでしょう。ちなみに海外FX業者が累進課税対象になるのは、日本の金融庁の認可を受けていないからです。そのため海外FXを通じて得た利益は差金決済の雑所得となり、利益額に応じて累進課税されます。一方、海外FXはハイレバレッジがあるので国内FXより儲けやすく、累進課税方も気にならないほどの利益を出すことができます。

出金にかかる時間と手数料が負担になる

怖いというより厄介だと思わせる要因ですが、出金にかかる時間と手数料が負担になるというのも、海外FXのデメリットです。

海外FXでは入金手数料を無料にしているところが多く、この点はメリットですが、反対に出金時には手数料が必要で、しかも時間がかかるという特徴があります。スピードが早い業者でも最短で2営業日程度かかるのが普通で、遅い場合は7営業日もかかってしまいます。そして手数料ですが、海外から日本国内の口座に送金する場合で、3000~4000円程度が必要です。こうした出金におけるタイムラグと手数料負担は、投資家を不安にさせる要因といえるでしょう。しかもこの問題は初心者、プロに関係なく恒常的に続くデメリットなので、経験や慣れで克服できない点も厄介なところです。とはいえ、前述のように海外FXは国内FXより利益が出しやすいので、出金手数料は実は小さな問題です。ハイレバレッジを利用して高利益を挙げれば、手数料負担を覚えることはなくなるからです。

海外はスプレッドが広い

取引にかかる手数料に着目するなら、スプレッドが広いことも海外FXの短所といえるでしょう。スプレッドとは、通貨取引を行うときの売値と買値の差ですが、この差額が小さいほどコストが安くなり、取引手数料を低く抑えることができます。一方、スプレッドの開きが大きいとコストが高くなり、多くの取引手数料を支払わなければなりません。海外FXはこのスプレッドが広いので、手数料という点でトレーダーは不利になります。そしてできるだけ安いコストで投資したいと考える人にとっては、海外FXは怖い存在といえるかもしれません。しかし、スプレッドが広いだけで即座に国内FXのほうが良いと判断できない側面もありますし、最大で1000倍のハイレバレッジのことを考えれば、やはり海外FXは魅力的な投資です。

海外FXには国内FXにはない特徴やデメリットがあります。詐欺被害が起きていることや、カスタマーサービスがないこと、累進課税の問題や手数料負担、スプレッドが広いこともそうでしょう。こうした海外FX特有のデメリットが、初心者を中心とする国内投資家の心理に影響を与え、海外FXは怖いというイメージを作り上げているようです。ただし、単なる先入観で怖いと思われている場合も多く、デメリットとされる問題の多くも、メリットに比べれば小さな問題にすぎません。むしろ、海外FXには国内FXにはない魅力のほうが多いのが現実です。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ