国内FX会社のうそほんと?「スリッページの故意的発生」

国内FX会社のうそほんと?「スリッページの故意的発生」

スリッページをご存知でしょうか?FXでは、「すべる」と表現されることもありますが、注文時のレートと実際に約定したレートに差が生じることをスリッページと言います。ときには、スリッページの発生によって大きな損失を生むこともあります。どれだけスプレッドが小さくても、スリッページが頻発しては意味がありません。そもそも、スリッページはどうして発生するのでしょうか。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

自然に起こるスリッページ

自然に起こるスリッページ

FXをする場合は、FX会社を通してトレードするのが一般的です。トレードの注文を受けて、市場に流すまでにはタイムラグが生じます。レートの動きが緩やかなときは問題ありませんが、レートが激しく動いているとタイムラグによってレートがずれてしまいます。経済指標の発表後、世界経済に影響を及ぼす事件や災害などが起こると、レートの動きは不安定になってスリッページを誘発します。

スリッページの影響を小さくするために、スプレッドを広げて対応しているFX会社もあります。自分の予想違いで損失が出るのは納得できても、スリッページによる損失には納得できないものです。スリッページの起こりやすさは、FX会社が示している約定率から分かります。約定率は、注文通りに約定させることのできる確率で、約定率が高いほどスリッページが起こる可能性は小さくなります。

意図的に起こすスリッページがあるのってほんと?

FX会社は、少しでもトレーダーの負担を減らすために、スリッページが起こりにくいシステムや環境を作る必要があります。しかし、FX会社の中には意図的にスリッページを発生させてトレーダーに損をさせているところがあります。特に相対取引になる国内FX会社に意図的なスリッページは多く見られます。

相対取引というのは、トレーダーから受けた注文をインターバンク市場に流さず、FX会社との間で取引を完了させる仕組みです。FX会社との取引になるため、トレーダーのマイナス分はそのままFX会社の利益になります。一方で、トレーダーが利益を出すとFX会社の-になります。FX会社とトレーダーは利益の取り合いをしているわけです。

では、スリッページの発生によって生じたトレーダーの損失分はどうなるでしょうか?FX会社の利益につながります。スリッページは自然にも起こる現象なので、スリッページが起こっても自然に発生したものか、意図的に発生したものかわかりません。FX会社は利益を出すために、リスクを負わずスリッページを起こすことができます。

もちろん、すべてのFX会社で意図的なスリッページが起こっているとは限りません。何度も意図的なスリッページを起こしているとトレーダーも気付きます。平素の状態でスリッページが起こると、意図的なスリッページである可能性が疑われます。しかし、レートが激しく動いてスリッページが起こりやすい状況のときは、便乗してスリッページの幅を広げることもできます。こうなると、スリッページの意図性はわからないままです。

スプレッドが狭いに惑わされない

スプレッドが狭いに惑わされない

国内FX会社は、スプレッドが低めで設定されています。スプレッドはトレーダーの取引コストになるため、スプレッドが狭いほど一回あたりの取引コストを抑えることができます。スプレッドを狭くできるのも、市場に注文を流さない相対取引が理由です。スプレッドを狭くしても、スリッページが頻発するとトータルコストは増大します。

スプレッドが狭いFX会社と、スリッページが起こりにくいFX会社では、わかりやすいことからスプレッドが狭い方がトレーダーの集客には効果的です。極端にスプレッドが狭い国内FX会社の中には、スプレッドを狭くする代わりに意図的なスリッページを頻発させて利益を回収しているところもあります。スプレッドが狭すぎるFX会社ほど、スリッページには気を付ける必要があります。

意図的なスリッページを回避するためには、高い約定力をアピールしているFX会社を選ぶことをおすすめします。ただし、約定力が高いと言っているからと言ってスリッページが起こらないわけではありません。普段はスリッページが起こらなくても、一回の意図的なスリッページで大きくすべってしまうこともあります、相対取引をする以上、業者を信じて取引するしかありません。

海外FX会社はスリッページが起こりにくい

意図的なスリッページを起こすのは、利益を得るためです。では、インターバンク取引を導入している海外FXだとどうでしょうか?インターバンク取引は、トレーダーの利益がFX会社の利益になり、トレーダーの損失がFX会社の損失になります。海外FX会社にとっての意図的なスリッページは、トレーダーが損をしてFXをしなくなるリスクでしかありません。

意図的なスリッページで損をしたくないのであれば、インターバンク取引ができる海外FX会社がおすすめです。もちろん自然なスリッページが起こる可能性はあります。しかし、海外FX会社はトレーダーが勝つためにさまざまなサポートをしてくれます。何より、肝心なところですべらないという安心感はトレードをする上で大切です。スリッページだけでなく、注文が拒否される約定拒否、他のレートを提示されるリクオートなども起こりにくい特徴があります。

国内FX会社から、海外FX会社に移行する目的として、高いレバレッジでトレードができることが一般的に挙げられます。しかし透明性のない相対取引ではなく、透明性があり高い約定力で取引ができることを理由に移行するトレーダーも少なくありません。FXは自分の大切な資金を運用して行う取引なので、すべらない取引をしたいものです。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ