海外FX業者の悪い噂を解明してみました!(スプレッドが広い?)

海外FX業者の悪い噂を解明してみました!(スプレッドが広い?)

海外FXの特徴の一つはスプレッドが広いことですが、この特徴が悪いことだと思ってる人もいるようです。しかしこれは妥当な感想でしょうか。この記事では海外FXのスプレッドに関する悪い噂を解明し、真実に肉迫してみました。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

海外FXは国内FXよりスプレッドが広い 

海外FXは国内FXよりスプレッドが広い

まず海外FXのスプレッドについてですが、これは間違いなく国内FXに比べて広いといえるでしょう。

例えば、国内ではほとんどの業者がスプレッドを0.3~2銭に設定しているのに対し、海外FXではほとんどの業者が1~4銭に設定しています。これを見ても分かるとおり、海外FXのスプレッドは広いです。

そしてスプレッドが広いということは、手数料が国内に比べて高いことを意味するので、その点をデメリットに感じたり、悪い噂が広がる材料にもなるでしょう。確かに手数料が高いという点では、海外FXは国内FXより不利な状況にあります。なぜなら、1通貨ごとのスプレッドの差は小さくても、1万通貨単位で比べてみると、その差は200円近くに及ぶこともあるからです。そしてlotが大きくなれば、スプレッドの差はさらに開くことになります。このように、海外FXのスプレッドが広く、手数料負担が重いのは事実です。しかし、これについてはさらに踏み込んで考えていく必要があります。例えば、海外FXのスプレッドの広さは異常なのか?ということです。その答えは次の項で紹介していますので、見てみましょう。

ハイレバレッジが可能な海外FXでスプレッド手数料がかかるのは当然 

海外FXのスプレッドが広いと聞くと、初心者は不安を覚えるかもしれませんが、その必要は全くありません。なぜなら、ハイレバレッジが可能な海外FXでスプレッドが広いのは当然だからです。

レバレッジとは証拠金の倍率のことで、証拠金を超える額の取引が可能になる仕組みのことですが、この仕組みが成り立っているのは、FX業者がトレーダーにお金を貸してくれるからです。例えば、レバレッジ100倍で取引をしようとすると、文字通り証拠金の100倍の金額を動かすことになりますが、トレーダーがそれだけのお金を自分で用意するのは難しいので、FX業者がシステム的にお金を貸したことにして、証拠金の100倍で取引ができるようにしてくれるのです。ここで考えてほしいのは、たくさんのお金を借りれば借りるほど、手数料が高くなるのは当然だということです。銀行やノンバンクから借入をしたことのある人なら分かると思いますが、融資額が大きくなればなるほど、資金調達コストとしての金利と手数料は高くなります。海外FXでもそれと同じように、証拠金以上のお金を動かせるハイレバレッジを提供している分、手数料であるところのスプレッドを広くしているのです。簡単にいえば、動かせる金額が多いから、それに見合ったスプレッドを設定しているということです。このように考えると、海外FXのスプレッドが広いのは当然で、本来、悪い噂になるようなものではありません。

スプレッドが広いから海外FX=悪いとはならない

スプレッドが広いから海外FX=悪いとはならない

スプレッドが広いことだけに着目して、海外FXは良くないと考える向きもありますが、それは妥当ではありません。なぜなら、海外FX業者がスプレッドで収益を上げているのは事実ですが、彼らの収益源はそれしかないからです。

海外FXはいわゆるNDD方式を採用しており、OTC方式を採用する国内FXのように仲介ディーラーが間に入ることはなく、トレーダーと市場を取り次ぐだけの業務を行っています。したがって、海外FX業者にとってはスプレッドが唯一の収益源となるのです。だからこそスプレッドを広く設定しているのですが、国内FXがスプレッド以外の方法でも利益を上げていることを考えると、海外FXのスプレッドの広さが公平を欠いてるとは思えません。むしろ、収益構造がシンプルで分かりやすいといえるのではないでしょうか。いずれにしても、スプレッドが広いから海外FX=悪いという図式は成り立ちません。ちなみにOTC方式を採用している国内FX業者では、顧客が負ければ負けるほど業者の利益が出る仕組みになっていますが、NDD方式の海外FXはその逆の仕組みです。

スプレッドの広さはそもそも重視されていない

最後に少し角度を変えて、海外FXのスプレッドの広さについて述べてみたいと思います。それは、海外FXの顧客はそもそもスプレッドの広さを重視していないということです。なぜなら、スプレッド以上に重要なものがあるからです。

それはなにかというと、取引全体における信用性と透明性です。手数料が少し高くても自由と公平が保たれているならそのほうがいい、でも手数料が安いにも関わらず制限が多くて透明性もないのは困る### ### そう考えているのが海外FXのトレーダーたちなのです。こうした基本的スタンスがあるので、海外FXのスプレッドの広さは本来抗議の対象にはなりませんし、悪い噂に繋がることもほとんどありません。それでもスプレッドに関する悪い噂が出るのは、国内FXでばかり取引していた人が急に海外FXを始めて、スプレッドの広さに不公平感を持ったためだと考えられます。しかし前述のように、海外FXのトレーダーたちが見ているのは業者の取引における信用性と透明性であり、スプレッドの広さは重視されていません。そしてその信用性と透明性において海外FX業者は優秀なところが多く、安心してトレードを行うことができます。

海外FXのスプレッドの広さが悪い噂になっているとすれば、それは海外FXの仕組みを知らない証拠といえるでしょう。理由は海外FXではハイレバレッジを提供していて、なおかつスプレッドのみを収益源にしていて、トレーダーはそもそもスプレッドを重視していないからです。こうした事情を知れば海外FXのスプレッドの広さに不満を抱くことはありませんし、噂になることもありません。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ