窓埋めトレード実践編!実際のチャートを使って手法を解説!

窓埋めトレード実践編!実際のチャートを使って手法を解説!

海外FXといえば、追証なしのゼロカットシステムやハイレバレッジなどが魅力です。また、高いレバレッジをかけることでロスカット水準も下がります。

この海外FXのメリットと相性が良いのが、窓埋めトレードと呼ばれる手法です。窓埋めトレードは初心者でも、低リスクで大きな利益が狙えます。

今回は、窓埋めトレードの手法を紹介します。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

FXの窓埋めトレードとは?

FXの窓埋めトレードとは?

FXは、平日なら24時間いつでも取引が可能です。しかし、市場が閉まる土日は取引できないため、金曜のクローズから月曜のオープンまで誰も取引しない空白の時間が生じます。

この間にレートが動いていることがあり、チャートでは窓のような空白ができます。この窓のような空白は「窓開け」と呼ばれています。

では、開いた窓はどうなるのでしょうか?

開いた窓は、窓が開く前のレートに戻ろうとする動きが起こります。開いた窓を閉めるような動きが「窓埋め」です。

窓埋めトレードは、空いた窓を埋めようとするレートの動きを利用し、注文を入れて利益を出す手法になります。

窓埋めまでの期間

開いた窓が閉まる確率は、90%といわれています。

窓埋めトレードがFX初心者に向いているといわれるのは、高い確率でレートが元の状態に戻ろうとする動きが立証されているからです。

ここで注意する点は、開いた窓が埋まるまでにかかる期間です。

窓が埋まるまでの時間は一定ではなく、数分で埋まることもあれば、数日かけて埋まることもあります。

窓埋めトレードで大変なのは、窓が埋まるまでの期間を予想することです。

当然、窓が埋まるまでもレートは上下するわけですから、場合によっては窓埋めトレードを狙っている途中で、含み損が増えてロスカットになるリスクもあります。

また、開いた窓は90%埋まっても、10%は埋まりません。窓埋めを期待してポジションを持ち、元に戻らず含み損が増えることもあります。

開いた窓が埋まる理由

開いた窓が埋まる理由

①多くの注文が入る
窓埋めトレードは、一般的に知られている手法です。当然、窓埋めを狙ったトレーダーが多くいるため、窓開けとは逆方向の注文が増えます。

窓が開いた方向と逆のトレンドが生まれることにより、窓埋めが生じるわけです。

②窓開けトレードの反動
窓を利用した取引は、窓埋めだけでなく窓開けもあります。金曜日のクローズでポジションを保有し、月曜日の窓が開いた時点でポジションを決済する手法です。

ポジションを決済することで、窓が開いた方向とは逆にトレンドが発生して窓埋めが起こります。

窓埋めトレード実践編 ルールを決める

窓埋めトレードで利益を上げるためには、事前にルールを決めておきましょう。基本的に窓が大きく開くほど、反動で窓が埋まる確率も高くなります。

これは窓開けのタイミングで利益を得た人が利確することや、損切りラインに達した場合にストップ注文が行われるためです。

開いた窓が20pips以下の場合、利確や損切りする人が少なくなるため、すぐに窓埋めが起こらない場合があります。

この場合は、すぐにポジションを持つのではなく、20~30分ほど待って、窓埋めが起こりそうかどうかチャートを見て判断しましょう。

もし、窓埋めの方向にレートが動いているなら、そこからポジションを持っても遅くはありません。

20pips以上、窓が開いているときはポジションを入れるルールにすると良いでしょう。

窓埋めトレードで大切なのは、利確のタイミングです。初心者であれば、利確は窓が完全に閉まったタイミングをおすすめします。

また、窓埋めトレードは窓が開いてから24時間以内に窓が閉まらなければ、撤退しましょう。

窓埋めトレード実践編 リスクヘッジしながら利益を出す

窓埋めトレードも、全くリスクがないわけではありません。ポジションを取った方向にレートが動くとは限らず、そのまま窓が開くチャートの動きが見られる場合もあります。

窓埋めトレードでは、開いた窓が絶対に埋まると過信しないことが大事です。

せっかく出した利益が水の泡にならないためにも、窓埋めトレードでは撤退ラインを決めておきましょう。

初心者の撤退ラインの目安としては、40pipsから50pipsくらいがおすすめです。

また、窓埋めトレードでリスクを減らすためには、土日に要人発言がないことや、世界経済に及ぼす事象がないタイミングでトレードをしましょう。

窓が大きく開いても元に戻らず、さらに窓が開いて損失が増える場合もあります。チャートを見て、レートの動きが比較的安定しているときを狙いましょう。

窓埋めトレード実践編 注文のタイミングやチャートを見るポイント

窓埋めトレードでは、チャートを見ながら注文を入れる成行注文をおすすめします。

月曜の朝にチャートをチェックして、十分に窓が開いているのであれば、開いた方向とは別のポジションを持つだけです。

また、チャートを見続けることができない場合、ポジションを持った時点で指値注文と逆指値注文を入れておくと良いでしょう。

指値のレート設定は窓が閉まるレート、逆指値のレート設定は逆行した場合の損失が40pips~50pipsあたりにしておくと、チャートが見れない場合も自動で利確と損切りができます。

窓埋めトレードは海外FX業者を利用しよう

窓埋めトレードでは、海外FX業者がおすすめです。

ロスカット水準が低いため、窓埋めで逆行が起こっても耐えられることや、万が一の事態になってもゼロカットシステムが発動して借金を抱えることにはなりません。

また、投資資金が少なくてもハイレバレッジで取引量を増やせば、大きな利益が狙えます。

窓埋めトレードに難しいテクニックは不要です。チャートが見られる環境なら、誰でも挑戦できます。

手堅く利益を狙いたい人は、海外FXの窓埋めトレードに挑戦してみましょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ