海外FX業者はなぜ追証(追加証拠金)がないの?

海外FX業者はなぜ追証(追加証拠金)がないの?

海外FXのメリットの一つに、追証なしのトレードがあります。

海外FXといえば、100倍や1000倍のハイレバレッジをかけたトレードが可能です。このハイレバレッジトレードを実現しているのも、追証なしの仕組みが関わっています。

今回は、追証の仕組みや海外FX業者が追証なしにする理由を紹介します。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

FXの追証とは

FXの追証とは

FX取引では、口座に預けている証拠金を担保にトレードを行います。そのため、FXではレバレッジをかけて、保有資金以上の大きな取引ができるのです。

少ない資金でも大きな利益が狙える反面、予想が外れると大きな損失が出ます。

本来なら大きな損失が発生しても、ロスカットが発動して取引が強制終了することはありません。

しかし、相場の動きが不安定になっているときは、ロスカットが上手く発動せず、ロスカットのレートを大きく下回って約定するケースもあります。

レバレッジを大きくかけていると、必要証拠金は少なくなるため、ロスカットのラインは下がって必要証拠金は0円に近づきます。

つまり、レバレッジが大きいほど、ロスカットから外れて約定すると、口座の残高が0円を下回りやすいわけです。

ロスカットが正常に処理されず、口座の残高が0円を下回った分はトレーダーの借金になります。

ロスカットが発動しなかったのは、FX業者に過失があるように感じるかもしれません。

しかし、この場合の過失はすべてトレーダーになるため、返済の義務はトレーダーが負います。この借金分の返済が追証です。

国内FX業者のレバレッジが低いのは追証も関係している

国内FXはレバレッジの上限が25倍です。

以前は国内でも100倍を超えるレバレッジで取引できた期間もありましたが、どんどん規制が厳しくなってレバレッジの上限は下がっています。

レバレッジが下がったのは、追証が発生して借金を抱えるトレーダーが増えたことも一因です。

そもそも、国内FX業者が導入しているのはDD取引です。トレーダーの注文をFX会社が呑んでいる形なので、インターバンクにトレーダーの注文は流れません。

また、呑み取引なのでトレーダーの利益がFX会社の損失になり、トレーダーの損失がFX会社の利益になります。

DD取引だと、追証がなかった場合、トレーダーのマイナス残高はゼロにリセットされることで、国内FX業者の儲けが無くなってしまいます。

為替が急変動したときに、トレーダーの損失を回収しないとFX会社は大損するため、追証なしにはできないのです。

レバレッジに制限をかければ、必要証拠金を上げることができます。

ロスカットラインを上げることにもなり、為替が急変動してロスカットが間に合わなくても、トレーダーが借金する可能性は小さくなります。

ですから、国内FX業者のレバレッジは制限されているのです。

海外FX業者の追証がない理由

海外FX業者の追証がない理由

では、海外FX業者に追証がないのは何故でしょうか。

国内FX業者ではDD取引が導入されているのに対し、海外FX業者ではNDD取引が導入されています。

NDD取引はインターバンク取引とも呼ばれ、トレーダーの注文を受けた海外FX業者がインターバンク市場に、トレーダーの注文を流す方法です。

海外FX業者の利益になるのは、取引ごとに発生するスプレッドになります。トレーダーの取引回数が増えるほど、FX業者の利益も増える仕組みです。

つまり、海外FX業者が避けたいのは、トレーダーが取引をしなくなることなのです。

ハイレバレッジが基本の海外FXにおいて、追証のリスクはかなり大きいといえるでしょう。

海外FX業者からすると、追証で借金を抱えたトレーダーが、取引できなくなることで利益が減ります。

海外FX業者で追証がないのは、トレーダーに借金を背負わせるよりも、追証分の損失をFX業者が持ち、トレーダーに再起してもらうメリットの方が大きいからです。

また、追証があるとトレーダーは借金を気にして思い切った取引ができません。

取引を円滑に行ってもらうためには、追証なしにする方が業者にとってメリットも大きいのです。

海外FX業者で追証がないのは、トレーダーが取引しやすい状況を作ることや、ハイレバレッジでの取引を維持することが理由になります。

海外FXは、追証なしのゼロカットシステムがある業者選びが肝心

海外FX業者だからといって、確実に追証がないわけではありません。国内FX業者と同じDD取引を導入している海外FX業者だと追証はあります。

海外FX業者を選ぶときは、追証の有無を確認しておきましょう。

また、追証がない海外FX業者の多くは「ゼロカットシステム」を導入しています。ゼロカットシステムは、口座の残高が0円を下回った分の借金は追証請求しない制度です。

ゼロカットシステムがあれば、レートが急激に変動しても借金を背負わされることはありません。ハイレバレッジでも思い切った取引ができるでしょう。

追証なしの海外FX業者を選ぶ場合は、レバレッジの上限にも注目です。レバレッジが高いほど、レバレッジの調整幅が広がります。

100倍から500倍のレバレッジが上限になっている海外FX業者が多いですが、海外FX業者GEMFOREXのように、1000倍レバレッジとゼロカットシステムを実現している業者もあります。

初心者が海外FX業者を選ぶときは、レバレッジの上限に注目しつつ、追証なしの業者を選びましょう。

ハイレバレッジ取引!GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ