海外FXのゼロカットシステムとは?ゼロカットのメリットや業者ごとのタイミングを比較

海外FX業者の多くは、ゼロカットシステムを導入しています。ゼロカットは海外FX特有のサービスです。

ハイレバレッジが海外FXの魅力と言われていますが、ゼロカットがあるからこそ安心してハイレバレッジトレードができます。

国内FXにはないサービスなので、「ゼロカットって何?」と思う方も多いでしょう。

今回は海外FX業者のゼロカットシステムの仕組みやメリット、業者ごとのゼロカットシステムの違いを解説します。

ハイレバレッジ取引!GEMFOREX!

海外FXにおけるゼロカットシステムとは何か

海外FXにおけるゼロカットシステムとは何か

ゼロカットシステムはロスカットが間に合わず、借金を抱えてしまった場合に借金を0にしてくれるサービスです。

含み損がどんどん増えても、本来ならロスカットのラインを下回った時点でロスカットが発動するので借金を抱えることはありません。

しかし、相場が急変するとロスカットのラインを大幅に飛び越え、残高が0円を下回るケースがあります。特にハイレバレッジを使っていると必要証拠金が少なくなるため、ロスカットを飛び越えたときに残高が0円を下回るケースが増えます。

ゼロカットがないと、数百万、数千万という多額の借金を抱える可能性もあります。ロスカットが間に合わずに発生した借金は、“追証”という形で返済が必要です。

(ゼロカットの例)
現在の証拠金が1万円だったとして、相場の急変で5万円の損失が発生してロスカットが間に合わなかったとします。

ゼロカットがない場合

ロスカットが間に合わなかった場合、「現在の証拠金1万円-レート変動の損失5万円=-4万円」となり、4万円の借金を作ることになります。損失は5万円です。

ゼロカットが発動した場合

ゼロカットが発動した場合、「現在の証拠金1万円-レート変動の損失5万円=-4万円」となりますが、-4万円についてはゼロカットによって請求されません。つまり、1万円の損失だけで済むわけです。

ゼロカットシステムが国内FXにない理由

国内FXにゼロカットシステムがないのは、法律によって業者が金融商品取引で顧客の損失を補填するのが禁止されているためです。

この法律によって、ロスカットが間に合わず借金を抱えても、損失分の補填をするゼロカットシステムの導入ができません。

また、国内FXはDD取引と言って“トレーダーの損失がFX業者の利益になる相対取引”を導入しています。トレーダーが負けることで業者が儲かるわけですから、トレーダーの借金を肩代わりするメリットはありません。

仮に法律がゼロカットを許しても、国内FX業者がゼロカットを導入することはないでしょう。

国内FXのレバレッジが25倍に制限されているのは、ゼロカットがないのも理由としてあります。レバレッジの上限を引き下げることで、追証のリスクを減らしているのです。

しかし、レバレッジ25倍でも追証が発生する可能性は十分にあります。追証で借金を作ってしまった場合、ゼロカットがない国内FXだと借金の返済が必要になり、トレードどころではなくなるでしょう。

海外FXがゼロカットシステムを採用する理由

海外FXがゼロカットシステムを採用する理由

ゼロカットシステムで補填される損失は、FX業者が立て替える形になります。トレーダーの損失をカバーしてまで、何のために海外FX業者はゼロカットシステムを採用するのでしょうか?

これは海外FX業者の利益モデルが関係しています。海外FX業者はNDD取引という取引方式を採用していますが、この方式はトレーダーが支払うスプレッドがFX業者の利益になります。

FX業者としては「どんどん取引してもらってスプレッドの利益を増やしたい!」という本音があります。

追証がある業者を利用しているトレーダーだと「どんどん取引したいけど追証が怖くて積極的に取引できない。」という状況になります。

しかし、ゼロカットがある業者なら「借金を気にすることなく積極的に取引ができる!」という気持ちになり、どんどん取引をして結果的に業者もスプレッドの利益が増えます。

つまり、トレーダーに安心感を与えてトレード回数を増やしてもらい、スプレッドを稼ぐためにゼロカットを用意しているわけです。

また、ゼロカットが発動しても借金を抱えるわけではないため、トレーダーも再起しやすくなります。海外FX業者としては長期的に利用してもらうメリットも大きいわけですからゼロカットでチャンスを与えるという目的もあります。

海外FX業者はトレーダーが儲け取引を積極的にしてくれると、自社の利益も増える仕組みです。海外FX業者とトレーダーがwin-winの関係にあるからこそ、ゼロカットを導入できます。

ゼロカットシステムのメリット

トレーダーの損失を補填するゼロカットシステムにはデメリットが一切ありません。

メリットとしては、

・追証のリスクがない
・ハイレバレッジとの相性が良い

の2つがあります。それぞれのメリットを掘り下げて解説します。

追証のリスクがない

ゼロカットシステムの一番のメリットは、追証のリスクがないことです。

どんな状況でも追証を受けることがないため、

・借金を気にせずトレードできる
・損益額が限定できる

など、借金のリスクを考えずに損益額も限定された取引ができます。

損益額の限定というのは、たとえば10万円の取引で発生する最大損失は10万円、100万円の取引で発生する最大損失は100万円です。

追証がある業者だと、どれだけ損失が膨らむか予想できません。その点、ゼロカットがあると損失額が限定されるため、思い切った取引ができます。

ハイレバレッジとの相性が良い

ハイレバレッジとの相性が良いのも、ゼロカットシステムのメリットです。レバレッジが大きくなるほど、FXトレードに必要な証拠金は減ります。

たとえば、1ドル100円で1000通貨の取引をするためには10万円が必要です。レバレッジを使うと、

・レバレッジ10倍=1万円
・レバレッジ100倍=1000円
・レバレッジ1000倍=100円

と必要証拠金が減ります。ロスカットの水準となる証拠金維持率は、「時価評価総額÷必要証拠金×100%」で計算できます。

ロスカットの水準が証拠金維持率100%だった場合、レバレッジ10倍なら時価評価総額が1万円を下回るとロスカットしますが、レバレッジ1000倍なら時価評価総額が100円を下回るとロスカットする計算です。

つまり、レバレッジが大きいほどロスカットのラインは0に近づくため、相場の急変によって追証が発生しやすくなるわけです。

ゼロカットがあると追証は受けないので、ハイレバレッジトレードではゼロカットが欠かせません。

5.海外FX業者のゼロカットの有無とタイミングを比較

以下の表は、人気が高い各海外FX業者のゼロカットの有無とタイミングについてまとめています。

FX業者 ゼロカットの有無 実効タイミング
GEMFOREX

60分以内
XM 次回入金時
LANDFX
【審査が必要】
サポートに申請
AXIORY 24時間以内
TitanFX サポートに申請
FXPro 24時間以内
HotForex 次回入金時
HotForex 3秒以内
iFOREX 自動的にリセット

ほとんどの業者でゼロカットに対応しているのが分かります。

LANDFXに関しては審査が必要となり、場合によってはゼロカットが適用されない場合があるので気を付けましょう。

この中だと、3秒以内にゼロカットが発動するFBSや、60分以内にゼロカットが発動するGEMFOREXがスピーディーな対応をしています。

ただし、FBSは日本語サポートが不十分な部分もあるので、すぐにゼロカットが適用される業者で選ぶならGEMFOREXがおすすめです。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。