円安の意味やメリット・デメリットを分かりやすく解説

円安の意味やメリット・デメリットを分かりやすく解説

海外FX、国内FXに関係なく、FX取引を行う上で重要なことは、為替市場の状況を常にウォッチしておくことです。今回はその中の一つである円安について解説します。円安とはなにか?どんなメリットやデメリットがあるのか?FXとのかかわりは?など、基礎的なトピックスを中心に解説していますので見ておきましょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

今さら聞けない円安とはなにか?

今さら聞けない円安とはなにか?

円安とは、文字通り円という通貨の価値が安くなることです。外貨を取引する外国為替市場において円に対する需要が少なくなり、一方で通貨の供給量が需要を上回ることで発生する現象です。これは一般的な製品に置き換えて考えてみると分かりやすいでしょう。ある商品が誰にも購入されず売れ残った場合、その商品はどうなるでしょうか?言うまでもなく、商品を売り切るために値段を下げなければなりません。

そうしないと誰もその商品を買ってくれないからです。これと同じように通貨も、需要が増えると値段も上がりますが、反対に需要が減ると値段も下がります。このうち、需要が減って値段が下がった状態が円安です。外国の通貨との関係でいえば、円安の状態は、円を外貨に交換するのが難しい状態であることを示しています。円/ドルのレートでいうと、1ドル100円から1ドル110円になったときが円安です。日本はかつて1970年代の初頭まで固定相場制を敷いており、ドルに対する円の通貨価値は360円に固定されていましたが、その後、変動相場制に移行し、現在の為替レートはその時々の国際情勢や経済指標によって決定されています。いずれにしても円安とは、円という通貨に対する需要が少なくなり、通貨価値が目減りしたことを示しています。

円安のメリットは?

円安は通貨価値の下落を意味するといいましたが、全て悪というわけではありません。むしろ多大なメリットをもたらすのが円安です。例えば、円安になることで日本国内の輸出企業の利益は増大します。なぜなら、1ドル100円のレートが1ドル110円に変わることで、海外の輸入企業や消費者は日本の製品を購入しやすくなるからです。国内通貨の下落は、国内の輸入業者や消費者が外国の製品を購入する場合にはデメリットですが、反対に輸出業者にとっては恩恵です。

そして、資源の少ない日本は従来から加工貿易国家であり、海外から資源を輸入し、それを加工して付加価値をつけたうえで海外に輸出する手法をとっていることから、多くの輸出企業が存在し日本経済を牽引しています。そうした現状を踏まえると、円安は単に輸出企業だけにメリットがあるのではなく、日本経済全体にメリットがあるといえるでしょう。アベノミクスの柱の一つである大規模な金融緩和によって日本の株価が大幅に上昇したことは、まさしく円安の効果が日本経済に歓迎されたことを示しています。また円安は外貨を円に交換しやすいことを意味しているので、外国からの観光客が増えて観光産業も潤います。近年の訪日外国人客の増加はまさしく円安の恩恵といえるでしょう。

円安のデメリットは?

円安のデメリットは?

円安のメリットは大ですが、それに負けず劣らずデメリットもあります。第一は、外国の製品や資源が輸入しづらくなることです。日本には輸出企業だけでなく輸入企業もたくさんあり、そららの企業は海外から原材料や中間品を輸入し、それを国内で加工して製品に仕上げ流通させています。しかしそこで円安になると、海外企業に支払う代金が増加してしまい、コスト高になって価格転嫁せざるをえなくなり、それまでの価格競争力を保てなくなります。

激安を目玉にシェアを占めている企業も少なくありませんが、原材料や中間品を海外に頼ってる企業の場合は、円安によって原価が上昇してしまうため、消費者が離れて利益減につながります。といった具合に、円安は輸入が不利になるというデメリットをもたらします。また別の角度からいうと、私たちが日常的に消費しているガスや電気などの公共料金も、円安によって上がる可能性があります。なぜなら、ガスや電気を作り出すために必要なエネルギーや資源のほとんどは、海外からの輸入に頼っているからです。個人としてのデメリットでは、海外旅行がしづらくなるということがあります。円安は国内通貨の対外的な価値低下を意味し、円で交換できる外貨の量が減るからです。全体的にいうと、円安は、外国製品を輸入したり消費するときにデメリットになると覚えてください。

円安とFXとのかかわり

円安のメリットとデメリットを紹介しましたが、FX取引においてはどう捉えたらいいのでしょうか。結論からいうと、「あまり難しく考える必要はない」ということです。なぜなら、FXでは円高、円安に関係なく利益が出せる仕組みがあるからです。その仕組みとは、外貨の「買い」からスタートするだけでなく、「売り」からスタートさせることもできることです。これはとても大きなことです。なぜなら、金融取引で儲ける常道は安く買って高く売ることであり、円安はその手法を拒むものでありながら、FXはこれを無効にして、高く売って安く買うことで利益が出せるからです。まさしくFXならではの仕組みですが、こうした特徴があるため、FXでは円安リスクについて深く考える必要はありません。

要は円高でも円安でも関係なく利益が狙えるということであり、外国為替市場のどんな状況にもフレキシブルに対応できるのがFXなのです。とはいえ、ポジションの設定を間違えると損失を出してしまうこともあるので、トレードは慎重に行う必要があります。FX初心者の人はこの点だけを注意してください。具体的に円安局面でのFX取引は、すでに外貨を保有している場合は、その外貨を円に交換し、円が値上がりしたところで外貨に交換して売却益を得たり、円安に向かう直前に円を売って外貨を買い、円安になったところで外貨を売って円を買う方法などがあります。

円安とは外国為替市場における円に対する需要が少なくなり、通貨価値が下落した状態をいいます。メリットは、海外市場で日本製品を販売しやすくなり輸出企業の利益が伸びること、株価が上昇すること、観光産業が盛んになることです。デメリットは、海外から輸入する原材料や中間品のコストが上昇し、輸入企業の利益が減ると同時に国内の物価が上がることです。FXでは「買い」からも「売り」からも売買をスタートできるため、円安のデメリットを過度に考える必要はありません。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ