円高の意味やメリット・デメリットを分かりやすく解説

FXの初心者であっても、為替相場の知識を身につければ収益を上げることは可能です。ここではその知識の一つである円高について詳しく解説しています。円安の対局にある円高はとても需要なキーワードなので、この機会にぜひ学んでおきましょう。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

円高とはなにか?

円高とはなにか?

円高とは、読んで字のごとく、円という通貨の価値が高くなることです。外国為替市場において、様々な要因によって円の需要が増え、円がたくさん買われるようになると円高になります。通貨も商品の一つであり、需要と供給の関係によって値段が決まりますが、円高という現象は、「円が欲しい」と思ってる人の数が「円を売りたい」と思ってる人の数を上回っている状態です。このアンバランスな需給関係を収束させて値段を決定するため、円の値段が上がって円高になるのです。為替レートでいうと、1ドル100円から1ドル90円になることを円高といいます。FX初心者の人はこの数字の変化に注意してください。というのは、始めて為替レートを見るとき、円高のことを外貨に対して円貨が大きくなることだと勘違いする人もいるからです。先ほどの例でいうと、円高は1ドル100円から1ドル90円になることをいいますが、初心者の中にはこれを誤解して、1ドル100円から1ドル110円になることが円高と思ってしまうのです。しかしこれは誤りで、円高とは、円と交換できる外貨の量が増えることを意味しますので、レートで表した場合には、外貨の最小単位に対して円の額は下がります。一方、円高のもつ意味は、外国製品に対する購買力が高まること、国内の資産価値が上昇すること、そして円高になる原因には、通貨に対する需要増のほか、日本国内の政策金利の上昇があります。

円高のメリット

円の通貨価値が高まることを意味する円高ですが、メリットはなにかあるのでしょうか?一つは、国内にある輸入企業の利益が上昇して経営が楽になることです。

輸入企業は文字通り外国製品を輸入して国内で販売することを生業としていますが、円高になると仕入れ先の外貨に対する円の通貨価値が高まると同時に購買力が増し、これまでより安価に製品を仕入れることができるようになります。その結果、コストを下げることができ、価格競争でも勝利しやすくなり、たくさんの商品が売れて利潤が伸びるというわけです。

このように企業レベルでは、円高は輸入企業に多大なメリットをもたらします。一方、個人レベルでも円高はメリットがあります。例えば、海外のブランド品を購入しやすくなることや、海外旅行に行きやすくなること、FXや外貨預金など外貨商品に投資しやすくなるのも、円高による恩恵といえるでしょう。さらに円高によってガソリン価格や公共料金も下落しますが、こうしたことも個人にとってはメリットです。ただし、円高の影響で物価全体が下がることは、メリットがあると同時にデメリットも含んでいることを知らなければなりません。

円高のデメリット

円高のデメリット

円高にはメリットもあればデメリットもあります。その代表的なものは、輸出企業の業績が悪化することです。なぜ悪化するかというと、円高になることで相対的に外貨の価値が低下し、日本製品を購入してくれる外国人が減ってしまうからです。為替レートで見てみれば分かりやすいでしょう。例えば、1ドル100円から1ドル90円にレートが変化して円高になると、これまで1ドルで100円分の商品が買えたものが、90円分しか買えなくなります。

つまり、同じ価値の商品を買うのに多くのお金が必要になるということですが、これは外国人にとって不利であると同時に、日本製品は魅力的ではないと判断させる要因になります。結果、日本製品は海外で売れなくなり、輸出企業の売り上げが鈍化するというわけです。円高の下では価格面における輸出競争力が低下するので、輸出企業にとっては大打撃になります。また、円高による輸出企業の減収減益が続き円高不況になると、日本の景気全体が落ち込むデメリットもあります。なぜなら、企業業績が悪化することで労働者の賃金や個人所得が低下したり、失業者の増大を招く恐れがあるからです。輸出企業以外では、特に観光産業の業績悪化を招くでしょう。一方個人レベルのデメリットには、海外資産の評価額の減少があります。

FXにおける円高の意味と注意点 

メリットもデメリットも両方ある円高という現象ですが、FX取引の観点からどのように見ればいいのでしょうか。一つ確実に言えることは、FXにおける円高は、チャンスでもありピンチでもあるということです。どういうことかというと、FX取引では円高、円安に関係なくどちらからでも利益を出すことが可能であると同時に、どちらでも損失が出る可能性があるということです。要はその時のポジションとトレード次第であり、円高だから特別に有利、また不利ということはありません。しかしこうした仕組みを前提に、初心者の方にはぜひ注意してもらいたい点があります。

それは、円高が発生したとき、円がどこの通貨に対して多く買われているのか?という視点を持つことです。円高と聞くと、単純にドルの価値が相対的に下がってドル安になったのだろうと考えるかもしれませんが、ここに一つ大きな落とし穴があります。というのは、円が買われて円高になっても、ドルが売られなければドル安にはならないからです。むしろ、円もドルも両方買われて値動きに変化が起きないということもあります。ではなぜ円高になったのか?ということですが、この場合はドル以外の外貨、すなわちユーロやスイスフランに対して円が多く買われた結果、円高になった可能性があるのです。このように、円高という現象を認識するときは、円がどこの外貨に対して買われたのか?という視点を持つことが大事であると同時に、円高=ドル安とは限らないことを覚えておいてください。

円高とは国際的に円の通貨価値が高まることをいい、円に対する需要増と日本国における政策金利の上昇が原因です。

メリットは、輸出企業の業績が好調になることや個人で海外旅行をしたりブランド品の輸入がしやすくなることです。デメリットは、価格競争力の低下による輸出企業の業績悪化、デフレ不況による景気全体の落ち込みなどがあります。FXで円高を考えるときは、どこの通貨に対して円が多く買われているのか?という視点を持つことが大切です。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ