初心者に読んでほしい!CFD取引の始め方入門

近年、FX取引と並んで注目されているのがCFD取引です。取り扱う海外FX会社も増えており、海外FXの口座をそのまま使ってCFD取引することもできます。今回は、初心者が知っておきたいCFD取引のメリットやデメリット、始め方について紹介します。

CFD取引もGEMFOREX!

CFD取引とは?分かりやすく解説!

1.CFD取引とは?分かりやすく解説!

CFD取引は、差金決済取引と呼ばれる投資の一つです。CFD取引の投資対象となるのは、株式指数、株価指数、原油、金、穀物などになります。投資の対象が為替のFXも、CFD取引の一つです。そもそも差金決済とはどんな決済方法なのでしょうか?

<通常の株取引>

1株200円の株があるとし、1000株の購入を検討しているとします。1000株買うためには20万円が必要です。この場合、20万円を証券会社に支払うことで株を手に入れることができます。1株300円になったタイミングですべての株を売却すると30万円が証券会社から支払われトータルで10万円の利益を得たことになります。このように、通常の株取引には大きなお金が動くのが特長です。

<株を対象としたCFD取引(差金決済)>

1株200円の株を1000株買う点では株取引と同じですが、CFD取引の場合は実際に証券会社に20万円のお金を支払うわけではありません。“買ったことにするわけです。”1株300円になったタイミングで株を売ると、”30万円の利益が発生したことになります”。

10万円の利益が発生したわけになりますが、証券会社からは差額分の10万円だけが支払われるのです。このように利益と損失の差額分だけが決済されるため、差金決済と呼ばれています。

どちらも最終的には利益も損失も同じです。しかし、差金決済の方が動くお金は圧倒的に小さくなります。決済するまでお金が必要ないため、買いからの注文だけでなく、売りからの注文をすることもできるのです。利益と損失のお金しか動かないため、大きなレバレッジをかけることもできます。

CFD取引のメリット

CFD取引のメリットは、株価指数や株式指数、貴金属や資源など、売買できる投資商品が多いことです。また、株取引の場合は取引できる時間が日中に限られますが、CFD取引でれば24時間いつでも取引することができます。日中仕事をしているサラリーマンやOLでも夜の空いた時間を使って取引できるのはメリットです。

また、買いだけでなく売りから利益を出せるのも魅力の一つになります。売りポジションを持っているとオーバーナイト金利と言って、FXのスワップポイントのような金利が受け取れるのも特長です。レバレッジをかけることができるため、少ない資金で大きな取引ができます。

CFD取引のデメリット

3.CFD取引のデメリット

CFD取引のデメリットは投資商品が多すぎるため、どの投資商品を選んでいいのか初心者には分かりにくいことです。得意とする投資商品があればいいですが、それ以外の場合は投資商品選びからしなければなりません。FXに比べると、それぞれの投資商品に関する情報が乏しく、相場が読みにくいデメリットもあります。

また、レバレッジをかけた取引になると、リスクも大きくなるのでリスク分散が必要です。証拠金が一定のラインを下回ると、取引が強制決済されるロスカットもあります。資金に余裕を持って取引しましょう。

初心者のためのCFD取引の始め方

CFD取引を始めるためには、専用の口座を開設しなければなりません。口座の開設ができるのは証券会社やFX会社です。ちなみに、国内だとレバレッジの制限があることや追証があるなど、CFD取引をする環境に恵まれているとは言えません。

本格的にCFD取引するのであれば、海外業者の利用をおすすめします。また、海外業者を選ぶ場合は、たとえば海外FX会社GEMFOREXのように日本語サポートがあることや追証がないこと、約定率が高い業者選びをしましょう。

CFD取引でオススメの銘柄について

CFD取引初心者には、株価指数CFDをオススメします。株価指数は株式の相場を示すために個々の株価を総合し、平均化したものです。たとえば、日本で主要の株価指数には日経225がありますが、これは日本国内の主要企業225社の株価を平均化した指数になります。

個別株の場合だと値動きが大きく、大きな損失を出してしまうリスクがあります。株価指数であれば、指数を構成する1つの企業が倒産しても値動きは個別株に比べると小さく、リスクも小さいのです。また、指数には新たな銘柄が組み込まれることになるため、影響も限定的になります。株価指数CFDで人気の銘柄は、ヨーロッパのFTES100やアメリカのS&P500などです。

CFD取引で得た利益に税金はかかる?

CFD取引で得た利益は課税対象となるため、利益に応じて税金を支払う義務があります。CFD取引は基本的に自分が確定申告をしなければならず、初心者だからと言って分からないでは済まされません。支払い義務がある税金があるにも関わらず、支払わないのは脱税になるので注意しましょう。

税金の支払いが必要になるのは、給与所得者だと年間に20万円以上の利益、それ以外だと年間に38万円以上の利益が発生した場合です。CFD取引で得た利益は雑所得に区分され、雑所得同士の損益は合算させることができます。FXも雑所得に区分されるため、CFDで50万円の利益が発生してもFXで50万円の損失が発生すれば損益は0円となり確定申告は不要です。

また、CFD取引関連の書籍や取引するための通信費など、CFD取引に関する経費を利益から差し引くこともできます。つまり、CFD取引で50万円の利益が発生しても、経費が35万円かかっているのであれば、課税対象となる利益は15万円になり、税金の支払いは不要になるのです。CFDにかかった経費があるなら、確定申告できちんと計上して節税しましょう。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ