海外FXで出金拒否されたときの利益は?確定申告はどうすればいい?

海外FXで出金拒否されたときの利益は?確定申告はどうすればいい?

海外FXでは出金拒否される可能性もありますが、その際、FXの利益はどうなるのでしょうか?またその場合の確定申告はどうすればいいのでしょうか。この記事ではその問題に対する解説をまとめています。海外FXをしている人はぜひ目を通しておいてください。

入出金もスムーズ!GEMFOREXで口座開設!

FXの利益計算は出金拒否の有無に左右されない

FXの利益計算は出金拒否の有無に左右されない

海外FXで得た利益の額は、出金拒否されてもされなくても変わりません。なぜなら、利益が発生するタイミングは口座に預けたお金を出金するときではなく、取引の決済を行ったときだからです。

決済時点で収益がゼロなら利益もゼロですが、収益がプラスなら利益が発生したことになります。そしてその利益分について、出金拒否の有無に関わらず計算して確定申告しなければなりません。ただし、申告する課税所得は利益-必要経費で算出されるため、利益から差し引くための必要経費の計算も必要になります。利益から経費を差し引いて収益がプラスなら利益が出たことになり、その分の申告が必要です。

一方、利益から経費を差し引いて収益がマイナスなら、申告する必要はありません。いずれせよ、海外FXの利益の算出は出金拒否の問題に左右されず、出金拒否された分が利益にカウントされないこともありません。なお、FXの経費は多岐に渡るので、何にいくら支払ったのか、内訳など詳細を示す書類を保存しておきましょう。具体的にFXで経費になるものには、FXの知識を得るために購入した書籍代や、ノウハウを学ぶために参加したセミナーの受講料、雑誌、サイト、メルマガの購読料、交通費も計上できます。

出金拒否されても利益が出たら確定申告しなければならない

利益の算出方法が変わらないのと同じように、海外FXでは確定申告についても、その要件は出金拒否の有無に左右されません。つまり、出金拒否があってもなくても、利益が出たらちゃんと申告しなければならないということです。もちろん確定申告の仕方が変わることもなく、海外FXで得た利益から経費を差し引いて課税所得を算出し、所定の方法で手続きを行い申告しなければなりません。出金拒否されたら申告しなくていいと考える人もいるかもしれませんが、残念ながらそうした理由で税金を逃れることはできません。

仮に、本当に出金拒否されて海外FX口座から出金できなくなったとしても、国内の銀行に預けているお金を使って納税することができるからです。資産の全てが海外FX口座にあるという人はいないはずですから、出金拒否を理由に納税を拒否することはできません。もちろん免除されることもありませんし、遅らせることもできません。むしろ税金を遅延させれば延滞税がかかります。しかも悪質と判断された場合は懲役刑になることもあるので、注意してください。一方、海外FX口座にかなりの割合の資産を預けていて、出金拒否されたため納税が難しくなるという可能性はなきにしもあらずです。よって、いくつかの口座に分けて資産を預けるなどの対策をとっておくことをおすすめします。

海外FXで利益が出ても申告しなくていい場合もある

出金拒否の有無に関わらず、利益から経費を差し引いて収益が発生した時点で確定申告しなければならないと言いましたが、実はこれには例外もあります。それは、海外FXをしながら一方で給与所得のある人で、FXの利益が20万円以下だった人、または給与所得のない人で、FXの利益が38万円以下だった人です。このいずれかに該当する人は、利益があっても確定申告する必要はありません。

なぜなら、給与所得のある人は、FXなど副業の所得が20万円以下だった場合、所得税法で申告しなくていいと認められているからです。また給与所得のない人も、基礎控除額が38万円なので、FXで得た利益が38万円以下なら申告する必要はありません。このように、海外FXで利益が出ても確定申告しなくていい例外があることを知ってください。もちろん収益がゼロの人も税金はかかりませんし、収益があっても前年度の損失がある場合は、繰越控除を使って本年度の収益が基準値を下回るなら申告不要です。さらにここでも、出金拒否の問題は税金や確定申告の要件とは無関係であることを覚えておきましょう。

出金拒否される原因と対策

出金拒否される原因と対策

海外FXの利益計算や確定申告に出金拒否は直接関係ないとはいえ、出金拒否問題を軽視することはできません。むしろ、保有資産の多くを海外FX口座に預けている場合、出金拒否されることで納税しにくくなるので、原因をきちんと把握して対策をとっておく必要があります。まず、そもそもなぜ出金拒否されてしまうのでしょうか。これにはボーナスの不正取得や口座を長期間放置して使用していないこと、トレードルール違反、本人の誤解など、いくつかの原因があります。要は、各FX会社が設定している禁止事項に違反して出金拒否されたか、出金拒否されていないのにされたと勘違いしているか、そのどちらかです。

原因が分かれば対策は簡単です。まず、自分が口座を開設している海外FX会社のトレードルールや禁止事項を確認し、それに違反しないよう注意しましょう。そして誤解を避けるためには、何かあったときすぐにFX会社に問い合わせて、現状どうなってるのか、本当に出金拒否されているのかどうかを確認してください。一方、詐欺を行うような悪質なFX会社で口座を開設したため、出金拒否に遭う場合もあります。そうしたトラブルを避けるには、FX会社の比較を十分に行い、できるだけゼロライセンス業者を避け、複数の国で審査を通過している優良業者を選ぶことです。またライセンスの数に合わせて、顧客財産の信託保全をしているかどうかもチェックしましょう。以上のような方法で、出金拒否トラブルを避けることができます。

出金拒否されてもされなくても、海外FXの利益は変わりません。利益から必要経費を差し引いて収益がプラスになれば、その分が純利益になります。確定申告の仕方も出金拒否の有無に左右されることなく、日本国内における所得税法に基づき所定の方法で申告します。一方、給与所得のある人で利益が20万円以下の人、給与所得のない人で利益が38万円以下の人は申告不要です。出金拒否を避ける方法は、各FX会社のトレードルールや禁止事項を守ることです。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ