FXの口座開設の審査に落ちる原因と解決策!確実に審査を通過するには?

FXは人気の投資の1つですが、取引するためにはFX業者に申し込みをして口座を開設する必要があります。

誰でも無条件で口座開設ができるわけではなく、FX業者が定める規定の審査条件をクリアしなければFXはできません。

中には、「国内FXの審査に落ち続けている・・。」、「審査に落ちてしまったら、FXはできないの?」、「すぐにFXを始めたい!簡単に口座開設できる業者はない?」とFXの審査に不安や疑問を持つ人もいるでしょう。

審査に落ち続け、新たにFX業者を探すことを繰り返すのは時間の無駄です。

FXの口座開設の審査に確実にクリアし、FXをすぐに始めるにはどうすれば良いのでしょうか?国内FXではなく、海外FXを始めるのも一つの手です。

そこで今回は、FXの口座開設の審査に落ちる原因や解決策、審査に通過する方法を紹介します。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

FXの口座開設で審査が行われる理由とは

FXの口座開設で審査が行われる理由とは

FXは取引に使うお金を預けるために口座開設が必要ですが、口座を作るためには審査を受けてクリアしなければなりません。

金融機関でお金を借りるわけではないのに、何が目的で口座開設に審査が必要なのでしょうか?

FXの口座開設で審査が行なわれるのは、

・第三者のなりすましを防ぐ
・マネーロンダリングの防止

の2つが目的です。詐欺やその他の犯罪で使われたお金が、FX口座を介して他の金融機関や人に流れないように、口座開設する人の情報を細かくチェックして審査しています。

FXの口座開設で審査に落ちてしまう原因

FXの口座開設の審査条件はローン審査に比べて簡単と言われていますが。審査に落ちてしまう人も一定数はいます。

「審査条件が事前に分かっていれば対策できるのに・・。」と思う人もいるかもしれませんが、審査基準は非公開が基本です。審査基準をオープンにしてしまうと、口座開設のために嘘をつく人が増える可能性があります。

公平な審査をするためにも、審査基準は伏せる必要があります。しかし、審査に落ちる人には一定の共通点があるので、審査に落ちる原因はだいたい予測可能です。

ここでは、FX口座開設の審査に落ちる原因を紹介します。

年齢制限

FXの口座開設には年齢制限があるため、年齢制限にかかってしまうとFXの口座は開設できません。

多くのFX会社は「20歳以上80歳以下の成人であること」を基準としていますが、上限に関しては規定してない業者もあります。

どの業者も口座開設ができる年齢をオープンにしており、審査にクリアできる年齢かどうかは公式サイトをチェックすれば分かるので事前に確認しておきましょう。

他人名義で申請

FX口座開設は、必ず本人名義でしなければなりません。他人名義で口座開設するのはルール違反であり、他人名義で口座の開設ができたとしても、それが発覚すると口座凍結や出金拒否のペナルティを受けます。

「何のために他人名義の口座を作るのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、副業が禁止されている企業で勤めている人がFXを始める場合や、何らかの理由でFXの口座開設ができない人が他人名義を使うケースがあります。

トラブルを避けるためにも他人名義ではなく、本人名義で口座開設を行いましょう。

資金に余裕がない人

資金に余裕がない人

国内FXの口座開設の審査を受ける際、総資産や金融資産の提示が必要な業者も多くあります。

資金力を審査の重点にしている業者だと、規定以上の資産がないと口座の開設ができません。業者が資金力を重視するのは、口座開設をしたトレーダーがアクティブなトレードをするかどうか確かめるためです。

FX業者の多くは口座開設や維持費用を無料にしていますが、実際にかかる維持手数料は業者が代わりに負担しています。口座開設をしても、トレードをほとんどしなければ業者は損をするため、すぐに資金が尽きてしまう可能性のある人は審査の時点で排除するわけです。

職業

国内FXで口座開設する際、職業を問われる業者も多くあります。

この中で、職業が理由で審査に落ちるケースは、

・無職
・金融機関に勤めている人、またはその家族

の2パターンがあります。

無職が審査に落ちてしまうのは、安定した収入を得ることができず、十分な資金を用意できないためです。一方、収入が少なくてもアルバイトやパート、派遣社員などで安定した収入を得ているなら審査に通る確率は高まります。

金融機関に勤めている人やその家族が審査に落ちるのは、FXは投資額以上に損失が出る可能性のある投資であり、損した場合に仕事に関係するお金に手を出す人間を減らすためです。

投資経験

FXの審査項目の1つに投資経験があります。

投資経験は口座開設のときに問われますが、“投資経験がまったくない”より“投資経験が多少でもある”方が審査には通りやすくなります。

ただし、FXを始める人の多くは初心者であるため、投資経験の有無だけで審査の可否が決まることはありません。他の要素と合わせ、総合的に判断する場合の参考になります。

FXの口座開設で審査に通るための対策

FXの口座開設で審査に落ちてしまっても終わりではありません。再度申し込みをして審査に通過することもあれば、他のFX業者で申し込みをすれば審査に通るケースもあります。

また、不注意で審査に落ちてしまわないために、口座開設時に注意するポイントも把握しておきましょう。ここでは、FXの口座開設で審査に通るための対策を紹介します。

再度申し込みをする

FX業者で審査に落ちてしまっても、再度申し込みをすれば審査に通過する場合もあります。

再度申し込みで審査が通過するのは、

・審査する担当者が異なる
・1回目の申し込みで申請フォームの内容に間違いがあった
・審査の条件が変わった

などが理由です。ただし、2回、3回と審査に落ちるようなら、そのFX業者で口座開設できる可能性は低くなるので注意しましょう。

複数のFX業者で申し込みをする

審査基準はFX業者によって異なるため、A業者で審査に落とされてもB業者で審査に通過するようなケースもあります。

そのため、FX業者で審査に落とされても、他のFX業者で申し込みしてみるのも良いでしょう。

FXは1つの業者で1つの口座しか使えないというルールはなく、複数のFX業者で複数の口座開設を使い分けているトレーダーもいます。口座開設や維持費用がかからない複数の業者に口座開設の申し込みを行うのもありです。

口座開設項目のチェック

FX業者は審査基準を公開していませんが、口座開設項目をチェックすることで審査の重点ポイントが分かります。

口座開設項目が多ければ多いほど、審査を細かく行う業者であり、審査にも通りにくくなってしまいます。審査に自信がない人は、複数のFX業者の口座開設項目を事前に比較し、少しでも項目が少ない業者を選ぶのも良いでしょう。

FX口座開設で落ちてしまったら?

国内FXは審査項目が多く、審査基準も厳しい業者が多いです。口座開設に手間がかかり、さらに審査に落ちて時間を無駄にしてしまう人も少なくありません

FXの審査に自信がない人には、審査基準が厳しくなく簡単に口座開設ができる海外FXをおすすめします。

海外FXは多くの国の人を対象にサービスを行っているため、個人の情報を細かくチェックするには手間も多大にかかるため、最低限の基準を設けて審査を行っています。

中には、

・氏名
・年齢
・メールアドレス

などの基本的な情報を登録するだけで口座開設ができる業者もあります。

海外FXと聞くと危険なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、追証がない海外FXは借金を背負う心配がないため、国内FX以上に安全で安心して取引できます。

また、海外FXはレバレッジ制限がなく、100倍や1000倍を超えるレバレッジで取引ができます。大きなレバレッジを使い、大きく稼ぐことも可能です。

ただし、海外FX業者は種類が多く、業者によって取引環境は大きく異なります。どの業者を選んでいいのか分からない人もいると思うので、まずは以下の記事を読んでみてください。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。