FXはいくらから始められる?低リスクでFXを始める方法

人気の投資の1つにFXがあります。

ネット上には「FXで数百万、数千万円稼いだ!」というトレーダーの声も多くあるように、FXは大きな利益を得られるのが特長です。

一方、「FXで大きな損失を出してしまった」という声もあるように、FXはリスクを伴う投資でもあります。

「FXを始めるなら大きく稼ぎたいけど、できれば低リスクで始めたい!」ですよね。

FXで稼ぐためには初期資金もたくさん必要になり、資金をたくさん用意しても取引条件によってはほとんど稼げません。

しかし、少額資金でもレバレッジやボーナスを活用することによって、低リスクで大きな利益を得ることができます。

今回はFXに必要となる資金をお伝えすると共に、低リスクでFXを始める方法を解説していきます。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

FXはいくらから始められるのか?

FXはいくらから始められるのか?

FXを始める場合、“毎月○○円くらいの利益を得たい!”と目標を掲げる人も多いでしょう。具体的に目標を掲げることは大切ですが、初心者であれば最初は月に10万円くらいの利益が目標として妥当です。

それでは、1ヶ月に10万円の利益を稼ぐためには、どれくらいの資金が必要になるでしょうか?

以下を条件に見てみましょう。

・1ドル100円の通貨で取引
・1日の値動きは100pips(1円)程度
・1日に100pips(1円)の利益
・1ヶ月の取引日数は20日

仮に1万円の資金で取引を始める場合、100通貨の保有ができます。

100通貨だと100pipsの値動きで発生する利益は100円になるので、1ヶ月の取引で得られる利益は100円×20日=2000円になります。

1ヶ月で10万円の利益を得るために必要な資金は、“10万円÷2000円=50倍”、“1万円の資金×50倍=50万円”となり、50万円の資金を用意しなければなりません。

50万円の資金を元手に取引するなら、5000通貨の保有ができるので100pipsの値動きで5000円の利益が得られます。20日間、毎日100pipsの利益が得られたら1ヶ月の利益は10万円になるわけです。

1ヶ月に10万円の利益を出すために50万円の資金を要するため、少額資金でスタートしたい人にとってはかなりの負担になります。

しかし、FXはレバレッジが使えるため、レバレッジを使うと取引に必要な資金を減らせます。

FXの必要証拠金が変動する「レバレッジ」とは

月に10万の利益を出すために50万円の資金が必要なら、「なかなかFXを始めよう!」とは思わないですよね。

FXが人気を集めているのは、“レバレッジ”という仕組みを使って取引に必要な証拠金を減らせるためです。

必要証拠金は、「レート×取引量÷レバレッジ」で計算できます。月に10万円の利益を得るためには5000通貨が必要でしたね。

レバレッジを使わない場合は、

「レート100円×取引量5000通貨÷レバレッジ1倍=必要証拠金50万円」でしたが、レバレッジ10倍を使うと、
「レート100円×取引量5000通貨÷レバレッジ10倍=必要証拠金5万円」になります。

つまり、1ヶ月に10万円の利益を得るために必要な資金は5万円で済むわけです。

レバレッジが大きくなればなるほど、必要証拠金も少なくて済みます。

ただし、レバレッジには規制があって国内FXの場合だと25倍レバレッジに制限されます。レバレッジ25倍を使って月に10万円の利益を出すためには、「レート100円×取引量5000通貨÷レバレッジ25倍=必要証拠金2万円」の資金が必要です。

一方、海外FXはレバレッジの規制がないため、100倍~1000倍を超えるレバレッジを使って取引できる業者もあります。

レバレッジ1000倍が使える業者なら、月に10万円の利益を出すために必要な証拠金は、「レート100円×取引量5000通貨÷レバレッジ1000倍=必要証拠金500円」です。

500円の資金で、50万円分の取引ができることになります。

このようにFXはレバレッジを上手に使うことで、少ない資金で大きな利益を得ることができるわけです。

低リスクでFXを始めるなら国内FXより海外FXが良い理由

同じFXでも国内FXと海外FXは取引方式が根本的に異なっており、FX取引に対する規制も大きな違いがあります。低リスクでFXを始めるなら、国内FXよりも海外FXがおすすめです。

ここでは、国内FXより海外FXの方が低リスクで取引できる理由を紹介します。

ロスカットしにくい

FXにはロスカットと言って、証拠金が一定額を下回った場合に取引が強制終了するシステムがあります。FXはレバレッジを使って資金以上の取引を行いますが、ロスカットは大きな損失が発生しても証拠金以上の損失が出ないための措置です。

ロスカットの水準は、証拠金維持率によって決まります。

証拠金維持率は、「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算ができますが、国内FX業者の多くはロスカットの水準を証拠金維持率100%に設定しています。

一方、海外FX業者の多くはロスカットの水準を0%~50%くらいに設定しています。

それでは、国内FXと海外FXのロスカット水準の違いにより、ロスカットのしやすさにどれくらいの差が生じるのか見てみましょう。

<条件>
・必要証拠金:4万円(1ドル100円、1万通貨、レバレッジ25倍で計算)
・有効証拠金:10万円
・ロスカット水準:国内FX=100%、海外FX=20%

国内FXのロスカット水準は証拠金維持率が100%なので、有効証拠金が10万円から4万円に減るとロスカットです。(有効証拠金4万円÷必要証拠金4万円×100%=100%)

ロスカットするまでに許容できる損失は10万-4万円=6万円になります。

国内FXのロスカット水準は証拠金維持率が20%なので、有効証拠金が10万円から8000円に減少するとロスカットです。(有効証拠金8000円÷必要証拠金4万円×100%=20%)

ロスカットまでに許容できる損失は10万円-8000円=9万2000円になります。

海外FXの方がロスカットの水準が低いことで、ロスカットまでに許容できる損失額も大きいのが分かりますね。ロスカットになりにくく、大きな損失が出にくいことも海外FXのリスクが小さい理由の1つです。

追証がない

海外FX業者の多くは、追証なしのゼロカットシステムを導入しています。

追証は急激なレート変動によってロスカットが間に合わず、口座の残高がマイナスになってしまった場合、そのマイナス分をFX業者に返済しなければならないシステムです。

国内FX業者は法律によってトレーダーの損失をFX業者が補填することが禁止されているため、すべての業者で追証があります。国内FXを利用する以上、借金を抱えるリスクは0になりません。

しかし、海外FX業者は追証なしのゼロカットシステムと言って、口座のマイナス分については請求しないシステムを導入しており、レートの急変動が発生しても借金のリスクはありません。借金のリスクが0の海外FX業者の方が低リスクと言えるでしょう。

レバレッジが大きい

レバレッジが大きい

海外FXはハイレバレッジが使えますが、ハイレバレッジもFXのリスクを減らす要因の1つです。

たとえば、

・1ドル100円
・1万通貨

で取引する場合、100万円の資金が必要です。1000倍レバレッジを使えば、100万円÷1000=1000円の資金で1万通貨の取引ができます。

100万円を用意して取引する場合、仮に1ドル100円が1ドル50円に暴落した場合、50万円の資金を失います。

しかし、レバレッジ1000倍を使って1000円の資金を用意して取引する場合、1ドル100円が1ドル50円に暴落しても、失うお金は1000円です。

同じ取引量ならレバレッジが大きいほど用意する資金は少なくなるため、急激なレート変動が起こったときの損失も限定されます。

“ハイレバレッジ=ハイリスク”というイメージが定着していますが、レバレッジを上手に使って運用すれば、むしろFXのリスクは減らせるのです。

NDD取引を採用している

海外FXは取引方式にNDD方式を採用していますが、国内FXの多くはDD方式を採用しています。取引方式で低リスクなのはNDD方式です。

DD方式 相対取引。顧客の損失が業者の利益になるため、NDD方式に比べて低い。
その代わり、不利なスリッページやストップ狩りが起こりやすく、透明性も低いため、トレードで不利になりやすい。
NDD方式 インターバンク取引。業者の利益はスプレッドが中心になるため、顧客が活発に取引を行なうほど業者も儲かる仕組み。
透明性が高く、顧客が取引しやすい環境を重視するため、安心して取引できる。

NDD方式の方がスプレッドはやや広いですが、FX業者と顧客がwin-winの関係になるため、安心して取引できます。不利なスリッページやストップ狩りも起こりにくいです。

DD方式は相対取引になるため、FX業者と顧客は利益相反関係になります。顧客が負ければ負けるほど儲けるため、不正が行なわれやすくNDD方式に比べるとリスクは高いです。

ボーナスを使って元手を増やせる

海外FX業者の多くは、口座開設ボーナスや入金ボーナスを用意しています。

<口座開設ボーナスとは>
口座を開設するだけで3000円~3万円の証拠金を受け取れるキャンペーン。未入金で口座開設ボーナスを使って取引を始められる業者もある。

<入金ボーナスとは>
入金額に対して50%~200%の証拠金を受け取れるキャンペーン。100%ボーナスなら、10万円入金すれば10万円の証拠金が別で受け取れる。

口座開設ボーナスや入金ボーナスは証拠金として使えるため、少ない資金でもボーナスを活用して大きな取引ができます。

ボーナスを元手に運用して負けたとしても、自分で用意した資金ではないため、トレーダーにかかる負担はありません。入金せずに取引を始められる口座開設ボーナスならノーリスクでFXを始めることができます。

口座開設ボーナスの有無や額は業者によって異なりますが、海外FX業者GEMFOREXであれば、1万円~2万円が受け取れる口座開設ボーナスを常時行っています。

さらに、海外FX業者GEMFOREXは、

・1000倍レバレッジ
・証拠金維持率20%
・追証なしのゼロカットシステム

など、低リスクで取引できる条件を満たしています。

公式サイトも完全日本語になっており、クイック口座に対応しているGEMFOREXは口座開設にかかる時間も数分と短く、豪華な口座開設ボーナスを使って、すぐに取引を開始できます。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。