海外FXに追証がない理由とは?ゼロカットシステムについても解説!

国内FXのリスクの1つに追証があります。スイスフランショック、リーマンショックなど、為替の急変動で借金を作ってしまうのは追証が原因です。

追証がある業者を利用すると、積み上げてきた利益が飛ぶばかりでなく借金地獄に陥る可能性もあります。

しかし、すべてのFX業者に追証があるわけではありません。追証がなくゼロカットシステムを導入している海外FX業者を利用すれば、借金のリスクなく安心して取引ができます。

ただし追証がなければどの業者を選んでも良いわけではありません。信頼できる業者を利用することも大事です。

今回は海外FXに追証がない理由や、ゼロカットシステムについて解説します。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREX

国内FXにおける追証請求とは?そのリスクも解説

国内FXにおける追証請求とは?そのリスクも解説

国内FX業者は基本的に追証請求があります。国内FX業者が独自に追証請求のルールを決めているのではなく、日本の金融庁が定めたルールによるものです。

追証請求は借金の原因にもなるため、FXの大きなリスクの1つになります。

ここでは、追証請求やリスクについて解説します。

追証請求とは?

追証とは「追加証拠金」の略称です。FX取引において含み損が発生し、口座の証拠金が不足した場合に追加で入金する証拠金になります。

追証で怖いのは、ロスカットが間に合わずに口座の残高がマイナスになってしまった場合、その借金分もトレーダーがFX業者に返済しなければならない点です。

ロスカットは取引に必要な証拠金が一定水準を下回った場合にポジションが強制終了するシステムなので、通常であれば借金を抱えることはありません。しかし、為替の急変動が起こるとロスカットの水準を大きく下回り、借金を抱えた状態で取引が終了する場合もあります。

追証で借金を抱えるとFXで得た利益をすべて失った上に、借金の返済が必要になるため、取引に再起するのが難しくなります。

国内FXに追証がある理由

国内FXに追証があるのは、日本の法律によって“損失の補てんが禁止されている”ためです。つまり、FX取引でトレーダーが借金を抱えたのであれば、トレーダーが責任を持って返済しなければなりません。

このような法律があるのは、FX業者の損失を減らすのが目的です。日本の法律はトレーダーファーストではなく、FX業者ファーストになっています。

追証なしにすると、FX業者が法律違反となって罰を受けてしまうため、追証なしでサービスを提供できないわけです。

一方、日本の法律が適用されない海外FX業者は追証なしでサービスが提供できます。世界的に見ると「追証あり」を法律で定めているところは少なく、追証ありを義務化している日本は世界的に見ると異質です。

追証で怖いのは借金

追証で怖いのは借金を抱えてしまうことです。

「FXで○○円の借金を抱えてしまった。」
「FXで債務整理になった。」

など、「FX=借金を背負うリスクがある」というイメージを持つ人は多いですが、FX取引そのものが原因で借金を抱えるのは追証以外ありません。

国内FXはレバレッジが25倍に規制されているため、100倍~1000倍レバレッジが使える海外FXに比べると大きなポジションは持てません。しかし、証拠金ギリギリで取引を行なっている途中に大きな為替変動が起これば、数十万~数千万円の借金を抱えてしまう可能性もあります。

もちろん、追証請求を受ける状況になるのは珍しいですが、たった1回の追証請求ですべてが水の泡になってしまう怖さがあります。

海外FXが採用している追証なしのゼロカットシステムとは

海外FXの多くは、“追証なしのゼロカットシステム”を導入しています。

ゼロカットシステムは、口座の残高が0円を下回って借金を抱えても0円以下の借金分は請求しないシステムです。

ゼロカットシステムがあれば、急激な為替変動でロスカットが間に合わず、口座の残高が-100万円や-1000万円になってもトレーダーが借金を返済する必要はありません。

本来、トレーダーが支払わないといけない借金分は海外FX業者が代わりに負担します。追証なしのゼロカットシステムはトレーダーの救済措置と言えるでしょう。

海外FXが追証なしを実現できる理由

借金のリスクが0になるゼロカットシステムはFXトレーダーにとって夢のようなシステムですが、そもそも海外FX業者はなぜトレーダーの借金を肩代わりできるのでしょうか?

これは、海外FX業者の利益モデルが深く関わっています。

国内FX業者はトレーダーの損失が業者の利益になるDD方式(相対取引)をしていますが、海外FX業者はトレーダーのスプレッドが利益になるNDD方式(インターバンク取引)を行っています。

海外FX業者はトレーダーが取引をすればするほど、スプレッドの収入が増えて儲かるわけです。

海外FX業者が“追証あり”にしてしまうと、トレーダーは借金のリスクに怯えて思い切った取引ができなくなります。当然、スプレッドの収入も減ってしまうわけです。

しかし、“追証なし”にすれば、トレーダーは借金のリスクに怯えることなく思い切った取引ができます。それで取引回数が増えれば、海外FX業者も効率的に利益を増やせます。

顧客のトレードを促し、取引回数を増やして利益が増やせるのでゼロカットシステムが実現できるわけです。

また、ゼロカットシステムが適用された場合にトレーダーは多額の借金を抱えることがないため、取引に再起しやすくなります。ゼロカットシステムによって顧客を失うリスクを減らせるのも、海外FX業者にとってはメリットです。

追証なしゼロカットシステムのデメリットとは

追証なしゼロカットシステムのデメリットとは

追証なしのゼロカットシステムはトレーダーの借金を補填してくれるシステムなので、トレーダーにとってはメリットしかありません。

あえてデメリットを挙げるとすれば、業者によってゼロカットのルールや発動条件が異なっている点です。

業者によっては、

・追加入金しないと0円にならない
・自分で申請しないとゼロカットが適用されない
・取引方法によってはゼロカットが適用されない

など、いくつかの条件を満たさないとゼロカットが適用されない業者もあります。

追証なしのゼロカットシステムを採用していても、簡単に自動的にゼロカットされるとは限らないので注意が必要です。

追証なしゼロカットシステムを採用している海外FX業者のオススメは?

追証なしのゼロカットシステムを採用している海外FX業者は多くありますが、その中でも特にオススメするのが「GEMFOREX」です。

GEMFOREXのゼロカットシステムは、口座残高がマイナスになってから60分以内に自動的に口座残高が0円にリセットされる仕組みで、ボーナスがある場合はボーナス分で補填されます。

トレーダー自身、何もしなくても自動的にゼロカットシステムが発動されるので安心です。 60分以内にゼロカットが発動するので、「借金は本当に0円になるのか?」と不安に思う時間も少なくて済みます。

また、GEMFOREXは日本人が設立した海外FX業者なので、公式サイトの日本語や日本語サポートは完璧です。ゼロカットシステムについて分からないことや不安に感じることがあってもサポートのおかげで安心感があります。

他にもGEMFOREXは、

・1000倍レバレッジ
・99%超えの約定率
・業界トップクラスの狭スプレッド
・豪華なボーナス
・無料EAの使い放題
・スキャルピング

など取引環境も良く、借金の心配もなくハイレバレッジトレードができます。安心、安全に利益を増やすためにもGEMFOREXがオススメです。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。