FX用語辞典(ラ行)

利益確定の売り

買いポジションを反対売買して、利益を確定させる売り注文のことです。

利食い

ポジションを反対売買して、利益を確定させることです。【←→損切り

両建て

同じ銘柄の買いポジションと売りポジションの両方を持つことです。

リクイディティ

市場における流動性のこと。売買したいときには、いつでもそのときのレートで取引ができることを「リクイディティがある」といいます。逆に、取引量、市場参加者が少なく、売買に制限があるといった場合には「リクイディティがない」といいます。

リスク

運用や取引において、損失が出る可能性のことをいいます。一般的に、ハイリスクならばハイリターンの可能性があり、ローリスクならばローリターンの可能性があるといわれております。為替取引をしていく上では、つねにリスクを意識することが重要です。

リミット

ディーラーに与えられた持ち高の権限のことをいいます。

リーブオーダー

いわゆる指値注文のことです。ストップ注文(逆指値注文)もリーブオーダーに含まれます。

ルーブル合意

1987年2月、フランスのパリにあるルーブル宮殿で開催された先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)において、為替相場安定のために各国が政策協調を行なうことに対する合意がなされたことをいいます。これによりプラザ合意でのドル高是正に終止符を打ち、これ以上のドル安は好ましくないとしたのですが、各国の政策協調も十分ではなく、ドルはその後も下落を続けました。

連邦公開市場委員会(FOMC)

米国では、政策金利を決定する会合を年8回(約6週間ごと)開催しておりますが、それがFOMC(Federal Reserve Open Market Committee・連邦公開市場委員会)です。FOMCは理事7人と全米12地区の連邦準備銀行代表5人により構成されております。ちなみに、米国の金融政策はFOMCの理事の多数決によって決定されます。

レジスタンスライン

市場参加者の多くが、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のことをレジスタンスライン(抵抗線)といいます。一方、市場参加者の多くがこれ以上相場が下落しないという認識をもちやすい価格帯のことをサポートライン(支持線)といいます。【←→サポートライン支持線】 【=抵抗線

レバレッジ

レバレッジとは「てこ」を意味します。例えば、100万円の証拠金で10倍の取引が可能であれば、取引可能額が1,000万円ということになり、また、こうした取引をすることを『レバレッジ』を効かせるといいます。もちろん、投資効率のリターンの追求ができる反面、強制ロスカット(証拠金以上の損失が出ないように強制的に決済するシステム)のリスクは高まります。

レベル

外国為替相場において取引されている為替レートのおおまかな水準のことをいいます。

レンジ相場

上限(高値)と下限(安値)が決まった範囲内で値動きを繰り返す相場のことです。ボックス相場とも言います。【=ボックス相場

ロスカット

損切り(損失を確定させる決済取引)のことです。当社のFX(外国為替保証金取引)では、損失金額を一定の範囲で抑えることを目的として「ロスカット・ルール」を設けており、損失額が口座内の資産、もしくは保証金額に対して一定の割合を超えて増加した際には、自動的に反対売買(決済)がなされます。

ロング

買い持ちにすること、買いポジションを保有することをいいます。逆に売り持ちにすること、売りポジションを保有することをショートといいます。【←→ショート

ロールオーバー

ポジションの繰り延べを行なうことです。通常外国為替市場における取引では、お客様はお持ちになられたポジションを2営業日後に受渡しにより決済しなければならないのですが、スワップポイントの受け払いをすることにより、受渡しによる決済の期限を気にすることなく、いつでも反対売買による決済をすることが可能となります。お客様の口座でロールオーバーされる場合、毎日NYクローズの終値で決済され、ポジション、保証金が更新されますが、当社では、お客様の口座でロールオーバーを採用しないことにより、毎日のポジションの変更や保証金の変動がなく、実際にポジションを持たれたレートとの損益を計算しやすいようにしております。